« C57 4次形 | トップページ | 電動ターンテーブル2 »

電動ターンテーブル

P1060400
 ターンテーブルが発売になりました。思ったよりコンパクトなパッケージです。

P1060401
 裏側はこんな感じ。使い方が簡潔に記載されています。それでは開封してみましょう。


P1060402
 中から内箱がでてきました。しかしコントローラーと取扱説明書が見えるだけで、さらに小さな箱が入っています。マトリョーシカか?

P1060403
 取説の下の箱をあけるとようやく本体がでてきました。

P1060404
 コントローラーのとなりは電源アダプターでした。

P1060405
 箱から出しました。これですべて。非常にコンパクトに集約されているようです。

P1060406
 コントロール用のコードが製品の側面から出でいます。ボードに穴をあけて落とし込むことを考えていましたが、そう簡単にはいかなさそうです。

P1060407
 最近の車両と違って、付属品を取り付けるところから始めるようになっていました。

P1060408
 といってもこれだけです。

P1060409
 組み立てました。

P1060412
 接続コードを取り付けます。カチッと言うまで差し込むと確実に接続されます。

P1060410
 隣接線路を取り付けます。隣接線路にはユニジョイナーが取り付けてあります。

 ターンテーブル側に片ジョイナーを付けて線路を接続します。取説には、どういう場合にユニジョイナーを取り付け、絶縁ジョイナーを取り付けるのか説明がありません。ちょっと迷いますが、留置線にフィーダーをつけないときはユニジョイナー、フィーダーを付ける場合は絶縁ジョイナーを取り付けます。

P1060411
 取説のとおりに組みました。

 右側の隣接線路から車両が走行してくるときは、左側の隣接線路にも電気が流れているので、そこに車両は留置できません。

P1060413
 コントローラーにもコードを取り付けました。

P1060414
 走行には、別にパワーパックが必要です。

P1060415
 C57 4次形を使って試運転です。ターンテーブル前でいったん停止。

P1060417
 微速前進でターンテーブルに乗ります。

P1060418
 ターンテーブルに乗りました。

P1060419
 反時計回り側にスイッチを倒します。
 なお、ターンテーブルコントローラーの逆転スイッチは、遊び始めるときにターンテーブル横の操作室が給電コード側にあるときは上に、反対側にあるときは下にします。

P1060420
 ターンテーブルが回り始めました。

 動き始める前にシャーという音が、停止可能位置を通過するごとにカチッという音がしますが、全体としては非常に静か。停止位置が近づいたら、スイッチを中立に戻します。

P1060421
 ぴったりの位置に止まりました。

P1060422
 パワーパックを後進にあわせて、微速後進。操作完了です。

 静かで精巧なので、非常に楽しいです。機関区だけでも十分楽しめると思います。

 次回は、隣接線路を増やしたり、ボードに固定した場合のストラクチャーとの位置関係を検討してみたいと思います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« C57 4次形 | トップページ | 電動ターンテーブル2 »

231 機関区セクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/59737767

この記事へのトラックバック一覧です: 電動ターンテーブル:

« C57 4次形 | トップページ | 電動ターンテーブル2 »