« 卓上シーナリー13 林を抜けるシーナリー | トップページ | KATOのターンテーブル »

卓上シーナリー14.1 駅のシーナリー1

P1060374
 駅のシーナリーに着手しました。


 P1060371_3
 ホームは以前から使用していたTOMIXの対向式ホーム。

 駅舎もTOMIXの地上駅舎ですが、ベースは使わず階段でホームに上がる仕様にしました。普通の地上駅舎は、駅前広場をゆるやかにかさ上げしてホームとの同じ高さにしていますが、狭い卓上シーナリーではかさあげするスペースがありません。かといって、製品のように駅舎の敷地全体をかさ上げして階段で駅舎にあがる仕様
は見慣れたものではありません。

 駅前広場側は、駅舎、タクシーの車庫、そばや、雑貨屋を並べ、雑貨屋の先に踏み切りを設けました。
 駅舎以外は建物コレクションのものです。区画整理もされていないような田舎なのに建物が一直線に並ぶのはいかがなものかとも思いますが、100mm幅のシーナリーでは仕方がありません。

 駅シーナリーに背景が無いのは、町並みのシーナリーを設置するためです。

P1060372_2
 設置可能な状態にすることを優先していますので、細部はまだまだです。

 手前の切り欠きは、フィーダー用。保線小屋でも設置してコードを隠す予定です。

P1060370
 ようやくシーナリーが1周しました。
 ところで、これまでの直線のシーナリーはTOMIXの線路にあわせて280mm長に切り出しましたが、実際の線路は279mmくらいです。1mmの差に過ぎませんが積もり積もって、エンドレスの内側にはいらなくなっていました。
 幸い駅のシーナリーに着手する前にそのことに気づきましたが、農地のシーナリーは悪戦苦闘しながら長さをつめるはめになりました。
 また、曲線のシーナリーは、単体では線路に密着しますが、複数並べると隙間が開いてしまっています。ぴったり密着させるには精度の高い工作が必要のようです。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

 

|

« 卓上シーナリー13 林を抜けるシーナリー | トップページ | KATOのターンテーブル »

230 卓上シーナリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/59629075

この記事へのトラックバック一覧です: 卓上シーナリー14.1 駅のシーナリー1:

« 卓上シーナリー13 林を抜けるシーナリー | トップページ | KATOのターンテーブル »