« 西武鉄道551系2両セット | トップページ | 181系あさま »

E7系

P1060513
 E7系新幹線がKATOからも発売となりました。
 E5系以降の新幹線はKATOの製品が入線しています。

 実車をまともに見たことも無いので、比べての感想などいえませんが、模型としての出来はあいかわらず秀逸です。

 パッケージは3両の基本セット、3両の増結セットA、6両の増結セットB
 それぞれ1セットずつそろえると12両のフル編成になります。

 P1060514
 基本セットの3両は、1号車、12号車の各先頭車と7号車のモーター付車両、それに小型のリレーラーが入っています。

P1060515
 基本セットの3両。きれいに仕上がっています。

P1060517
 レタリングもきれい。

P1060516
 行き先表示は、あさま、長野行。金沢開業時には、なんらかの手当がなされるのでしょうか。

P1060518
 つづいて増結セットAの3両。6,8,11号車がセットされています。空きスペースに基本セットの3両が入るようになっています。

P1060519
 早速収納してみました。例によって、基本セットに入っていたリレーラーも収納できるようになっていました。ケースに貼るシールもあります。

P1060520
 増結セットBの6両。残りの2,3,4,5,9,10号車がセットされています。

 インナーが専用の形状なので、先頭車は増結セットAの方にしか入りません。フル編成で揃える場合は、号車順に収納することができず、貸レイアウトなどで走らせる場合はめんどくさそうです。

 E7系にかぎりませんが、新幹線を走らせるなら、フルスピードで疾走させたいものです。しかし、時速300キロで走行する新幹線は、1/150でも秒速550mmの速さ

(計算式)
300Km÷150=2Km
2000m÷60分÷60秒=0.55m

 10mの直線ですら、わずか18秒で駆け抜けてしまいます。
 それ以上直線を長くしても小さいNゲージは遠くからは見えませんし、それなりのエンドレスを作るにしても180度反転する新幹線線路など興ざめです。

 新幹線の疾走を楽しむのはなかなか難しいものです。


 JR東日本の新幹線は東京大宮間を在来線並みの110Km/hで走り、、途中赤羽と大宮の間では在来線の埼京線が併走します。自宅で300Km/h運転は厳しいですが、高架の複々線を用意して、E233系と新幹線を併走させるのなら、なんとかなりそうです。自宅でできる実感的な運転というのは、せいぜいこのくらいでしょう。

 その高架線路を施設するのにもまとまった時間が必要なので、
P1060522
今日は、ヤードに並べるだけにしました。田端の雰囲気です。


 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 西武鉄道551系2両セット | トップページ | 181系あさま »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

良い感じですね!!

行き先標示が長野行なので今回の購入は見送りました。

投稿: 大佐 | 2014年6月26日 (木) 午後 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/59876440

この記事へのトラックバック一覧です: E7系:

« 西武鉄道551系2両セット | トップページ | 181系あさま »