« 鉄コレ 大井川鉄道3000系 | トップページ | KATO11月の新製品 »

KATO 飯田線旧国

 飯田線旧国の第2弾
P1060640
 クハユニ56-クモハ42-クモハ42

P1060641
 クハ47153-クモハ53000


P1060642
 クモハ42 山側

P1060644
 1,2位側

P1060645
 3,4位側
 クモハ42は、両側に幌を装備していたそうです。


P1060647
 クハユニ56 山側

P1060648
 海側

P1060649
 運転室前面

 鉄コレのクハユニとはタイプが違うということです。

P1060650
 ベンチレータの配置

P1060651
 郵便室ドアの大きさ


P1060652
 クハ47153 山側

P1060653
 海側 旧2等室部分の窓は1300mm幅だそうで広い窓から見る車窓はさぞ雄大だったと思います。でも車内はロングシート化されていたそうで残念。


P1060654
 運転室前面 切妻車体に運転を増結するとクハ79のよう。かなりのゲテモノですが、これが量産品になるとは。


P1060655
 クモハ53000海側

P1060656
 山側

P1060657
 運転室前面

 鉄コレのクモハ43と並べてみます。

P1060658
 全景

P1060659
 前面
 

 出来栄えはいまさら言うまでもありません。
 きれいにカチッと出来すぎていて、全検直後のような雰囲気。

 実車の写真を見ますと、よく洗浄されていて綺麗ですが、ブラシの届かない窓の隅などに落ちきらない汚れが残っています。鉄コレは窓が別パーツなので、パーツの縁が汚れに見えなくも無いのですが、kato製品で表現するとなると、墨入れが必要になろうかと思います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 鉄コレ 大井川鉄道3000系 | トップページ | KATO11月の新製品 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

今回KATOから製品化されたクハユニ56は10番代で、クモハユニ64と同じ元モハユニ61型からの改造編入車でした。

投稿: 岩崎友裕 | 2014年7月28日 (月) 午後 06時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/60056624

この記事へのトラックバック一覧です: KATO 飯田線旧国:

« 鉄コレ 大井川鉄道3000系 | トップページ | KATO11月の新製品 »