« KATO11月の新製品 | トップページ | KATOから小田急NSE »

庭園鉄道の整備

 Dsc00623
 2007年、庭にGゲージの線路を敷きましたが、

P1000542
ここ数年は荒れ放題といなっていました。
 芝が線路を覆い、ストラクチャー類は廃墟と化す有様。

 きっかけは、サッカーボールの爆撃もさることながら、メンテナンスの大変さ。

 室内のレイアウトであれば、うっすら埃をかぶる程度ですが、庭園鉄道は直射日光を受け、雨に打たれ、強風を受け、植物が繁茂します。
 特にどうだんつつじの落葉は厄介で、これを取り除こうとするとバラストまでとってしまうことになりうまくいきません。
 庭園鉄道でシーナリーのついたレイアウトを維持するには、月に1度は徹底したメンテが必要と痛感いたしました。

P1060740
 というわけで、整備後のプランは極力メンテナンスのいらない構成としました。駅部分のポイント類は完全に撤去して1面1線の駅に縮小。バラストも撒きません。

P1060729
 ラッセル車もペーパー製のかなしさで、崩壊しておりました。

 こちらは、降雪時に大活躍してくれましたのので、車体をプラ板で作り直すことにしました。

P1060734
 シャーシは無事でしたので再利用します。

P1060735
 展開図のデータを保存しておりましたので、印刷してプラ板に貼り付けます。

P1060736
 プラ板は卓上シーナリーの余りを使用します。

P1060738
 切り出して、

P1060739
組み立てました。

 繊細な運転室部分は、根気よく切り出さねばだめなようです。冬までたっぷり時間があるので、ゆっくり作ります。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« KATO11月の新製品 | トップページ | KATOから小田急NSE »

270 庭園鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/60164213

この記事へのトラックバック一覧です: 庭園鉄道の整備:

« KATO11月の新製品 | トップページ | KATOから小田急NSE »