« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

485系初期形ひばり

P1060900
 KATOの485系初期型が入線しました。
 すでに雷鳥として製品化されている初期形ですが、今回はクロ先頭のひばりの編成。待望の東北の485です。

 セット構成は、

P1060910
クロ481-102

P1060911
モハ484-53

P1060912_2
モハ485-53

P1060913
サシ481-15

P1060914_2
モハ484-604

P1060915
モハ485-225

P1060916
クハ481-104の7両。

P1060919
 ヘッドマークは、ひばりが装着済み。

P1060918
 オプションパーツは、ヘッドマークと検電アンテナ。やまびこ、やまばと、あいづ、ひたちが付属しているので、東北常磐系の485系特急がすべて演出できます。
 ただし、クロがやまびこに使用されたのは昭和48年10月改正前まででした。

 ところで、クロ先頭の編成が主流だったのは昭和50年3月改正まで、モハ484 600が量産されたのは昭和50年3月改正のとき。

P1060901
 クロとモハ484 600は、本当はあまり相性が良くありません。


続きを読む "485系初期形ひばり"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東武鉄道 ED5060形

P1060883
 東武鉄道ED5060形が発売となりました。第1弾で名鉄の電気機関車がモデル化されましたが、専用の動力ユニットを使用する初の製品です。
 率直な感想は、形態を保ちつつNゲージ化するのは難しい。


続きを読む "東武鉄道 ED5060形"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ふるさと納税でKATOのNゲージ

 昨日のことですが、埼玉県鶴ヶ島市の職員の方からメールを頂戴しました。

 その内容はというと、

 「全国的に「ふるさと納税」制度が話題となっていますが、・・・・・・鶴ヶ島市には株式会社カトーの基幹工場がございます。

 今回の記念品の創設に当たりまして、鉄道模型を是非ともそのメニューに加えたく、(株)カトーの皆さまと調整を進めてまいりました。その結果、大いに鉄道模型ファンを増やしたいとの御賛同をいただき、以下のとおり・・・・・・非常にすばらしい記念品を用意していただきました。

 この(株)カトーとの提携による記念品創設により、自治体として積極的に鉄道模型の今後の発展にも貢献できるものと考えております。」

 

 ふるさと納税でNゲージがもらえるのだそうです。

 さっそく、ホームページを開いてみると、

続きを読む "ふるさと納税でKATOのNゲージ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い荷物列車 3

 マニ44の車高下げに取りかかります。

P1060832
 床板を固定するリブは一直線ですが、床板自体はカプラポケットとのあたりを避けるために段差があります。段差がリブの位置で止まってしまうのが一因です。

P1060834
 段差にあたる部分のリブを削り取ってしまいます。

続きを読む "青い荷物列車 3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い荷物列車 2

 荷物車整備の中心はこれになります。

P1060817
マニ44の車高下げです。

P1060814
マニ50(TOMIX)と並べてみました。本来、マニ44の車体裾の乗務員室部分とマニ50の車体裾がそろうはずなのですが、

P1060815
こんなことになっています。

これを本来の高さに揃えるのが修正の中心になります。

続きを読む "青い荷物列車 2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青い荷物列車 1

P1060811
 KATOからマニ50がでましたが、今月にはワサフ8000も製品化されます。

P1060813
 当鉄道の青い郵便荷物車ですが、ワサフがあるとだいたいの荷物列車を再現できるようになります。

 荷物列車の花形といえば、

P1060812
EF58の重連が15両の郵便荷物車を従えた東海道線の荷35レが有名です。これも青い荷物列車だったのかと調べてみましたら、まだまだ茶色が主流だったことがわかりました。

 荷物車はマニ50の増備とともに青くなっていきましたが、マニ50の製造は1977年からで、EF58重連の荷35レは、1975年3月から1978年10月まででした。

 1970年から1982年までの主な郵便荷物客貨車の両数をまとめてみました。

Nimotsuyubin

 1970年には8割方茶色かった郵便荷物車は、1982年には7割方が青くなっています。
 マニ50のマニ全体に対する比率は、1982年には、43.8パーセントに達しています。荷物列車が青くなったのは、マニ50の大量増備が要因であったことがわかります。


続きを読む "青い荷物列車 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14系八甲田6 色さし

 KATOの14系ニセコを手にしましたら、古いTOMIXの14系を放置していたことを思い出しまして、ブログを遡りましたら、3年ほったらかし状態であることが判明しました。
P1060793
 一応、座席車9両にモトトレイン併結時のオハネ14+マニ50モトトレイン×2の12両がケースに収まっております。

 しかしながら、
P1060794
 中途半端に色さししたものやら、全くしていないものやらの寄せ集め状態でした。

 中間のオハ14も
P1060803
 Hゴムも行き先表示も車体色のまま。
 1980年に購入した車両で、35年前はこういう製品でも飛ぶように売れた良き時代だったのです。自分なりに色さしするという楽しみ方も出来ました。先日発売のニセコとは隔世の感があります。

続きを読む "14系八甲田6 色さし"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

KATOマニ50のナックル化

P1060788
 新規カプラーセットの採用により、ナックル化できなかったマニ50ですが、ASSYパーツが発売となり、作業完了となりました。


続きを読む "KATOマニ50のナックル化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KATO12月の新製品

2014_12
 KATO12月の新製品が発表されました。
 発表済みのNSEのほかED19も発売になるそうで今から期待大です。

続きを読む "KATO12月の新製品"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »