« KATO10-1153 115系長野色C編成 | トップページ | 長野色C編成の整備2 »

長野色C編成の整備

 早速C編成の整備を行いました。
P1070092
 ウォーミンクアップは、先頭車の行先表示窓のHゴム。極細のマジックでモールドをなぞっただけです。
 湘南色の白Hゴムではこういうわけに着ませんが、C編成は地が白なので簡単でした。


 うまくいったところで、ベンチレータを塗り始めてしまいました。

P1070093
 GMのねずみ色1号の筆塗りです。流れ出さないぎりぎりの限度まで薄め、上面には塗料をのせる感じで、側面は筆を水平方向に平行移動させると乱れずにぬれます。

P1070094
 6両分塗りました。

P1070096
 調子に乗ってクーラーまで筆塗りを始めてしまいました。奥が塗ったばかりの状態、手前がある程度乾いた状態。粒子が均一になるよう、かなり薄めて塗り、時間をかけて乾燥させましたが、

P1070095
 結構ムラになってしまいました。

P1070097
 意気消沈しながらも6両分塗りました。あとで上面だけエアブラシで塗りなおします。

P1070098
 アーノルトカプラーから密連形KATOカプラーに交換。

P1070099
 編成の奇数向きにキハ40用の幌をゴム系接着剤で点付けしました。一気に、らしくなってきました。

 今日はこれで時間切れですが、もう少し手を入れる予定です。

 その1 右は奇数向きの1102、左は偶数向きの1077ですが、
P1070100
1077にもジャンパ栓受けがモールドされています。これは余計ですので、削り取ります。

 その2 パンタもねずみ色に塗って、碍子を白く塗ると目立ちそうです。

 


 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« KATO10-1153 115系長野色C編成 | トップページ | 長野色C編成の整備2 »

330 115系KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/60764989

この記事へのトラックバック一覧です: 長野色C編成の整備:

« KATO10-1153 115系長野色C編成 | トップページ | 長野色C編成の整備2 »