« KATO3月の新製品 | トップページ | 485系ひばり »

455系ばんだい・まつしま

 湘南色が巾をきかせる首都圏で、常磐線と東北線には交直流色の電車が走っていました。

P1070113
 東北線は仙台運転所の455系。グリーン車2両、軽食堂車1両を含む13両の堂々たる編成でした。
 上野口で運用されるのは、急行まつしま、いわて、ばんだい、ざおう、あづまと間合い使用の普通列車でした。

P1070115
 交直流急行型のチャームポイント。前面と側面の塗り分け線の高さを調節するデザイン。

 KATOは457系をプロトタイプとしました。455系との大きな違いはモハのベンチレータ。

P1070123
 456では2列になりました。457系は少数派なので、2列のモハばかりなのはリアルさを欠きましたが、

P1070124
北陸線の475系の発売に当たってモハ475の屋根が生産され、交換により1列ベンチレータのモハにすることができました。

 457系の発売は、1981年。いろいろと手を入れるところがあります。

P1070114
 クーラーとベンチレータの色差し。この前長野色C編成を塗ったときと同じ方法ですが、こちらはクーラーもねずみ色なのでムラにはなりませんでした。

P1070116
 パンタ周りの色差し。交流機器を銀に塗ると引き立ちます。

P1070119
 ヘッドライトレンズ。真っ黒なライトを解消。

P1070120
 回送運転台のライト。屋根と一体のライトはいただけません。TAVASAのパーツに交換です。

P1070121
 上野方のクハ455。上野方が6両編成、仙台方がサハシを含む7両編成で、6両編成は、ばんだいやざおうとして、7両編成は、まつしまやいわてとして運用されました。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« KATO3月の新製品 | トップページ | 485系ひばり »

141 車両 東北本線1972」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/60723083

この記事へのトラックバック一覧です: 455系ばんだい・まつしま:

« KATO3月の新製品 | トップページ | 485系ひばり »