« EF10,12,13 | トップページ | EF80 »

EF15

P1070203
 新幹線開業前の東北本線は特急街道で、急行、普通よりも特急のほうが多かったから、足の遅いEF15は徐々に活躍の場を狭められていったが、1972年当時はまだまだ元気に貨物を牽いていた。


 EF15は、宇都宮に配置されていたほか、高崎第二機関区のカマも黒磯まで乗り入れていた。また、久喜までではあるが、新鶴見のEF15もやってきた。

P1070198
 宇都宮のEF15は、デフロスタは装備するもののスノーブロウも汽笛覆いもない、どちらかというと暖地スタイル。

P1070202
 新鶴見も同様であるが、一部にEF16から復元されたものがあり、ヘッドライトと乗務員扉にツララきりを備えながらスノープロウを備えないちぐはぐな姿だった。

P1070199
 一方高二のEF15は、上越国境を越える運用にあたるために、スノープロウと汽笛カバーを備える精悍な姿だった。

 主として黒貨車中心の貨物を牽いたが、タキ43000のガソリン輸送、ク5000の自動車運搬列車などの先頭にも立った。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« EF10,12,13 | トップページ | EF80 »

141 車両 東北本線1972」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/60795519

この記事へのトラックバック一覧です: EF15:

« EF10,12,13 | トップページ | EF80 »