« にもでん | トップページ | 181系 特急とき »

115系 普通

 東北・高崎共通の第2弾は115系です。
P1070339
 最終的には、本州の直流区間に広がっていった115系ですが、1972年当時、湘南色の115系は上野口のみの系列でした。300番台冷房車の新製は翌1973年から。0番台の冷房改造車は1975年の登場ですので、この時点では0番台の非冷房車オンリーでした。変化に乏しいからか、115系はつまらないと陰口をたたかれていました。

 しかし、こだわりの目で見ると、一様に見える115系も変化に富んでいるもので、

 P1070340
 0番台でも最初期車です。ベンチレータはすべて押し込み型。雨どいは客室部分にのみ取り付けられ、乗務員扉には水切りがついています。タイフォンはスリットの普通のものでした。1~46がこのタイプでした。

P1070341
 0番台の中期型Ⅱ。運転席直後のベンチレータは箱型で、雨どいが乗務員扉の上まで延長されました。中期型Ⅰのベンチレータはすべて押し込み型です。なお、分類名は私が勝手につけたもので、一般的なものではありません。

P1070342
 0番台最終型。タイフォンが蓋付になり、箱型ベンチレータの前にカバーの付いたホイッスルが設置されています。

 もともとは4両編成のみでしたが、1970年ころ、15両編成化するために7連の基本編成が登場しました。7両編成で新製されたものはなく、
  4両編成からクハを1両抜き、別の4両編成に連結
  モハを新製し上記クハを加えて4両編成に組み込む
という方法がとられました。
 したがって、サハを組み込んだ7連は少数派で、多くは、
P1070343
中間にクハが組み込まれた7連でした。

 その後、300番台の登場、0番台の冷房化とヘッドライトのシールドビーム化、1000番台の参入によって多くのバリエーションが展開されました。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« にもでん | トップページ | 181系 特急とき »

140 車両 高崎線1972」カテゴリの記事

141 車両 東北本線1972」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/60937279

この記事へのトラックバック一覧です: 115系 普通:

« にもでん | トップページ | 181系 特急とき »