« 東武ED5080のナックルカプラー化 | トップページ | TOMIX キハ47JR四国色 »

鉄コレモジュール 9.1 車両基地

 先日、鉄コレ第1弾を撮影したときに引っ張り出してきた鉄コレモジュール。撮影には好都合であることを発見し、新製品入線時の撮影用に車両基地のモジュールを作ることにしました。

P1070751
 基本的に今まで買いためた材料のみを使用します。ベースは、TAMIYAのスチレンボート10mm厚、レールはTOMIXの280mmを4本、鉄コレ電車庫A1です。

P1070752
 線路の間隔は、TOMIX標準の37mm。

P1070753
 一番奥は54mm間隔にして電車庫を置き、洗浄台を設置します。

P1070754
 古い車両基地のバラストが埋もれた感じを出そうと思い、線路の間にスチレンボード3mmを敷きました。

P1070755
 電車庫だけではさびしいので、線路際の小物の給油施設と油庫を出してきました。

P1070756
 さらに、グリーンマックスの電柱と津川洋行の構内灯を置いてみました。

P1070757
 電車庫と給油施設は土台に厚みがあるのでスチレンボードを切欠きます。

P1070758
 スチレンボードに下塗りをします。まずはレッドブラウンで湿った部分を表現し、

P1070759
乾燥した部分はデッキタンを吹きます。

P1070760
 ストラクチャーを置いてみました。さらにグリーンマックスの踏切小屋を詰所として使うことにしました。

P1070761
 通路のコンクリート敷はKATOの側溝です。

P1070762
 電柱、踏切小屋、側溝を塗装しました。電車庫の設備としてタンクを用意しました。グリーンマックスの工場付属施設です。

P1070763
 塗装したストラクチャーを設置しました。

P1070764
 フォーリッジで植え込みを作ります。緑が加わるだけで活き活きとしてきました。

P1070765
 一方には車止めを設置することにしました。手持ちが足りなかったので2個だけ購入しました。

P1070766
 手前側にはパウダーを撒いて草地を表現。線路とスチレンボードの間にパウダーを撒いて隙間を埋め、ついでに線路間の地面を表現しましたが。

P1070767
 隙間埋めはあまり効果がなく、地面は農地のようになってしまいました。隙間は地道にパテを使い、地面は仕上げとそうで表現すべきでした。

 つづく


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 東武ED5080のナックルカプラー化 | トップページ | TOMIX キハ47JR四国色 »

290 展示台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/61365441

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄コレモジュール 9.1 車両基地:

« 東武ED5080のナックルカプラー化 | トップページ | TOMIX キハ47JR四国色 »