« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

115系300番台の整備

 完成度の高い115系ですが、若干のユーザー取付パーツとシール貼り付けがあります。

P1070921
 ユーザー取付パーツは、ジャンパ栓受け+ケーブル。冷房車なのでケーブルは3本です。

続きを読む "115系300番台の整備"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10-1271,1272 115系300番台 4368-1 クモユニ82

P1070915
 KATOの115系300番台が入線しました。


続きを読む "10-1271,1272 115系300番台 4368-1 クモユニ82"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 3

 気動車は排気ガスですぐに汚れます。

P1070904
 製品のようなきれいな気動車は、新製直後か全検出たてですが、もっとピカピカしていました。


続きを読む "国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 2

 ご存知の方は多いかと思いますが、
P1070892
KATOのキハ35系と

P1070893
TOMIXの気動車は、製品そのままの状態で連結することができます。

続きを読む "国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国鉄ディーゼルカーで遊ぶ

P1070885
 今や数を減らしつつあるキハ40系ですが、

P1070886
登場したころの国鉄ローカル線では、クリーム色と朱色のディーゼルカーが多く活躍していました。その面白いところは、種々雑多な系列が混結できること。統一感のない編成に、逆に魅力を覚えたものです。

続きを読む "国鉄ディーゼルカーで遊ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急1000系

 東急1000系は
P1070883
グリーンマックスから塗装済みキットが発売されており、ずいぶん前に購入していたのですが、クーラーを塗装する直前で放置していました。東武20000系の取説で東急1000系が同じころの入線と知り、俄然やる気がでてきて、

P1070884
昨日一気に完成、入線となりました。

続きを読む "東急1000系"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東武20000型

 久々の編成物の入線は東武20000型です。
P1070864
 最近のマイクロ製品の例にもれず、快調な走りは素晴らしい。


続きを読む "東武20000型"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

運転ボード 2 

 引き続き、運転ボード上を埋めるシーナリーのブロックを作りました。

P1070858
公園2題と

P1070855
バス営業所。
 これまでに作った建物解体現場、トラックターミナル、倉庫と同じ大きさとし設置場所に互換性をもたせました。警察署も同じサイズにする予定です。

続きを読む "運転ボード 2 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サウンドカード新型通勤電車(仮称)

 静岡ホビーショーで、サウンドカード第3弾が発表されたそうです。

 サウンドカード新型通勤電車(仮称)

 もちろん買いますが、新型通勤電車とは具体的に何?


続きを読む "サウンドカード新型通勤電車(仮称)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KATO8月の新製品

8月の発売予定は、HOの北斗星、Nのトライライト、そして阪急9300系。
一息つける夏になりそうです。
2015_8a

2015_8b

続きを読む "KATO8月の新製品"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

運転ボード

 TOMIXの組線路で遊んでいた息子が、組み立て片づけが面倒だといいました。

P1070852
これ幸いと線路をスタイロフォームに固定して運転ボードを作りました。

 レイアウトには程遠い代物ですが、これが結構面白い。20m級6連が3本まで入線可能。エンドレスのようですが、ポイントTOポイントの線路配置に
P1070853
渡り線(赤丸の部分)をつけて周回可能としたものです。

 1500×785mmの大きさですが、片手でもとるほど軽くできています。
P1070854
収納は棚の前に立てかけます。


続きを読む "運転ボード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

併用軌道のあるレイアウト 2

P1070836
 左右のカープの部分にシーナリーをつけています。


続きを読む "併用軌道のあるレイアウト 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »