« 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ | トップページ | 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 3 »

国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 2

 ご存知の方は多いかと思いますが、
P1070892
KATOのキハ35系と

P1070893
TOMIXの気動車は、製品そのままの状態で連結することができます。

P1070894
 キハ25と連結してみました。

P1070895
 これと同じカプラーを使用しているキハ58系

P1070896
キハ55系

P1070897
キハ17系とは問題なく連結できました。

 キハ40系とはどうでしょうか。
P1070898
こちらも無事連結できました。どうして疑問を持ったかというと、

P1070900
復元バネに違いがあるのです。左がキハ58系で線バネ、右はキハ40系でスプリングです。復元力が強く、長編成になってもTNカプラーを正常な位置まで戻してくれます。もっとも、復元バネに違いがあっても、カプラーの形状が同じなら連結できるのはあたりまえですね。

 ただし、
P1070901
キハ30を上方に、キハ40を下方にずらすとこの位置で止まりますが、

P1070902
キハ30を下方に、キハ40を上方にずらすとこの位置まで戻ってしまいます。連結しただけでTNカプラーが写真上方を向いてしまっているものと思われます。それでさらに上方に曲げると復元してしまうのではないかと。
こういう状態ですので、Sカーブでは脱線するかもしれません。もっとも、普通のカーブであれば問題なく通過しました。

P1070903
 キハ45系もキハ40系と同じスプリングの入ったカプラーを使用していますが、もちろん連結できました。


 キハ35系は川越線を走っていた気動車ということで購入ましたが、併結運転も楽しめることになりました。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ | トップページ | 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 3 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/61653937

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 2:

« 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ | トップページ | 国鉄ディーゼルカーで遊ぶ 3 »