« キハ110系オーナーにとっての再生産 | トップページ | KATO2022-1 C12 »

名脇役DE10

 DE10。
P1080064
 ブルトレ牽引のEF65とか、高森線のC12のような名列車が思い当たりません。しいて言えば迂回ブルトレの北上線くらいでしょうか。

 しかし、見たことのない人はいないはず。目ただないけれどもしっかり働いている名脇役です。他の場所の活躍は知らないけれど、私のところでは、○○○という方も多いはずです。

P1080061
 大宮付近のDE10といえば、大宮操車場での入れ替えと川越線のセメント列車が思い出されます。

 DE10は、1982年ころ最初の製品が発売されましたが、現在の製品は2009年にリニューアルされた製品。
 外観は1/150に、走行性能も申し分のない出来栄えとなりました。

 暖地形はスノープロウのない姿を製品化していますが、好みで寒地形のものを取り付けています。

P1080065

P1080068
非エンジン側

P1080066
山側

P1080069
エンジン側

P1080067
海側

P1080062

P1080063

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« キハ110系オーナーにとっての再生産 | トップページ | KATO2022-1 C12 »

001 鉄道模景」カテゴリの記事

コメント

川越沿線に住んでいるので、ED10は一番好きですね。
ED10が駅に止まらず通過しながらタブレットを交換していたのを思い出します。

投稿: 紫音 | 2015年7月 1日 (水) 午前 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/61815268

この記事へのトラックバック一覧です: 名脇役DE10:

« キハ110系オーナーにとっての再生産 | トップページ | KATO2022-1 C12 »