« KATO10月の新製品 | トップページ | KATO3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色 »

タキ43000がいました

 タキ43000形式がいたというのなら珍しくもありませんが、
P1080149
TOPナンバーの43000です。
 このところ、毎日午前9時ころ、さいたま新都心駅の上り待避線に停まっています。

 タキ43000は、1967年製造。車齢48年。しかも全検出たてのピカピカの状態ですので、あと5年はがんばりそう。おそらく動態保存されている車両を除いて、最も古い車両ではないでしょうか。おなじころ製造された車両と言えば、581系、ED77。とっくの昔に廃車になってしまっています。

 電車通学を始めたころ、朝、最寄駅に行くと中線にタキ43000のガソリン専用列車が停まっておりました。

P1080150
 列車の前後を車掌車で固め、牽引するのはEF15。

P1080151
 元売会社の商標サボを取り付けた姿と青い車体が珍しく、飽きもせずに眺めていました。
 

 


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« KATO10月の新製品 | トップページ | KATO3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色 »

500 実車」カテゴリの記事

コメント

今の若い鉄道ファンの人は信じられないかもしれないが、かつて、蒸気機関車のD51が、タキ43000のみの専貨を牽引していた時代があった事を信じてもらえるだろうか…。

投稿: 西日本在住 | 2015年7月 9日 (木) 午後 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/61860027

この記事へのトラックバック一覧です: タキ43000がいました:

« KATO10月の新製品 | トップページ | KATO3024-1 EF64 1000 JR貨物新更新色 »