« ジオコレから現代的な駅前風景 | トップページ | ワ12000 »

TOMIX客車のドア開放 2

P1080196
 TOMIXのオハ61です。この車両のドアを開放状態にします。


P1080197
 分解しました。オハにもテールライト導光材カバー(黒いパーツ)がついています。強度確保のためでしょうか。だとしてもドアを開くので使用できません。

P1080199
 床板は実際よりも相当高い位置にあり、ドア部分の床板は加工が必要です。まずは、椅子パーツのデッキ部分を切り取りました。

P1080200
 床板に組み込んで貫通路からみます。イスパーツのみならず床板も切り取りが必要です。どのようにするかはドア部分をくりぬいてみないとわかりません。

P1080201
 ドア部分をくりぬきました。柔らかな材質なのでデザインナイフで簡単にくりぬけました。これだけで旧客の雰囲気です。

P1080203
 となりはKATOのオハ35です。ドア開口部が中途半端です。ボディ側のドア取り付け用の穴の下辺の位置でくりぬいたところ、ステップ一部まで切り込むことになってしまいました。

 今回はここまで。床板とステップの処理を考えてみます。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« ジオコレから現代的な駅前風景 | トップページ | ワ12000 »

364 旧客2322レ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/61921814

この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX客車のドア開放 2:

« ジオコレから現代的な駅前風景 | トップページ | ワ12000 »