« C59を買うと他の列車まで欲しくなる困った話 | トップページ | C59の次は »

マイクロのC59

 新製品が数か月に1回発売される程度であった2000年ころ。マイクロエースがD51・D61に続いて発売したのはC59とC60のシリーズでした。
 新製品にアップアップしていた今日とは異なり、新製品の発表を心待ちにしていた時代でしたので、C59しりーずが次々と発売されると、うれしくなって
次々と購入してしまいました。
P1080871
 戦後型・戦前型各2両。ディテールが甘い感じはしましたが、腰高は明確に意識せず。ほかに・・・・

 

P1080872
 お召機を入線させ、かつては、ブラウンの67号機、グリーンの79号機まで在籍していました。

P1080870
 戦後型の1両にKATOの予定している「あき」牽引機がありました。

P1080869

 ディティールが甘くても基本的寸法が問題がなければ、いかようにも手を加えることができますが、寸法に問題がありますと、なかなか大変です。

 P1080874
 手前はKATOのC57 4次型。レール面から見上げているので、ランボードの位置が一致していますが、

P1080875
並べてみるとこんなに違います。

 一時は車高下げも考えましたが、もうしないでしょう。今目論んでいるのはお召機の上回りをKATOの下回りにかぶせられないかどうかです。


 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« C59を買うと他の列車まで欲しくなる困った話 | トップページ | C59の次は »

624 製品の感想 マイクロエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/62277784

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロのC59:

« C59を買うと他の列車まで欲しくなる困った話 | トップページ | C59の次は »