« 今年の東武フェスタは3000系 | トップページ | KATO3月の新製品 »

KATO2月の新製品

2016_2
 Nゲージでマヌ34!来るところまで来た感のラインナップです。同時にスハ32、スハフ32。但し特別企画品扱い。
 牽引機はEF13。さらに、DF50、E233系南武線。ひさびさに出費の多い月になりそうです。

 1960年代、暖房装置を持たないELの牽く客車列車は、冬季、暖房車を併結していました。今回はEF13が牽く中央線ですが、高崎線でも

P1080989
EF53やEF55が在籍していたころは暖房車をつないでいました。まだ幼かったころ、電気機関車なのに煙が出ているのを不思議に思い、母親に理由を聞いたことを思い出しました。母親でも暖房車を知っておりましたので、当時は一般の人にとってもポピュラーな存在だったようです。
 考えてみれば、電化されて煤煙から解放されたと思ったら、煙を出している車両がある。あれは何だ!となるのは当然でしょう。

 その暖房車が製品化。12月のカニ38も珍車ですが、荷物車自体はありふれた存在。今回は車種事態が特異です。マヌ34はメジャーで珍車ではありませんが、それにしても暖房車とは驚きました。

 列車は新宿23:55発の山男列車という設定。
 私も1973年に乗った記憶があります。20時ころには新宿に着いてコンコースに並び、駅員の誘導でホームにあがると山男列車が入ってきました。1973年にはEF64の牽引になっておりましたし、乗ったのは夏季でしたから、暖房車の連結はありませんでした。

 今、気づきましたが、暖房車をつなぐような冬季に登山する人がそんなにいたのでしょうか。登山はずぶの素人ですが、冬山は完全装備のベテランしか登らないのでは?暖房車をつないでいても山男列車なのか。

 それはともかくとして、入線してきた客車はすべてブドウ色だったと思います。製品同様、35系と32系の混結で乗り心地の良いオハ35が見えてきたときは期待しましたが、無慈悲にも目の前を通り過ぎその後にはスハ32が続いておりました。今となってはスハ32の貴重な乗車体験でよかったのですが、新しい物好きの高度成長期の少年は、その貴重さをまったく理解しておりませんでした。

 床はもちろん壁も板張り。窓枠も木製で、ボックスに2つの窓。留め具は真鍮色に鈍く光り、上を見れば文字通り紐を編んだ編棚。その後は乗るどころか32系を目撃すること自体まれでしたから、良い思い出になりました。

 製品は、行き先サボを印刷せず、シールで対応するのだそうです。つぶしが効いてよろしいと思います。

 EF13は、大宮操駅まで貨物を牽いてくるのをよくみました。EF10,12,13,15と同じような機関車が出入りしていましたが、EF13だけ先輪がプレートのものがあり、特異に感じました。

 DF50は旧塗装、旧仕様。ポスターの写真を見たときは、単なる塗装変更かと思いましたが、細かいところに変更があるようです。

P1080987
 EF13もDF50茶も他社製品が入線しておりますが、こうなると他社製品は転属させて、KATO製品を入線させることになりそうです。

 E233系南武線は、むしろ発売が遅いくらい。あまり遅いので南武線はパスするのかと思ったら、やはり出てきました。KATOは常磐緩行の2000番台を残すのみ。こちらも期待しています。

 ということで、2月は大変なことになりそうです。


 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 今年の東武フェスタは3000系 | トップページ | KATO3月の新製品 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです

中央線の客車ですが、写真はおそらく吉祥寺あたりで撮ったものだと思われますね


てか、客車列車が新宿まで走ってたのが信じられないぐらいですw


それも、暖房車を連結した状態となればなおさらですww
(暖房車そのものにピンと来ないw)

もっとも、俺が生まれた頃は115系の300番台が新宿まで走ってた時期ですし、

物心がついたのはおそらく東北・上越新幹線が開業した頃ですから……

そんな前置きはほっといてw

スハ32系はセットの特別企画品で終わらせることなく
通常品としても単品売りしてほしいものですね

さすがにマヌ34は特殊すぎるという意味もあってか
単品売りは難しいだろうけど…w

投稿: 215系DDL | 2015年11月13日 (金) 午後 10時07分

お久しぶりです!!(^_^)
パンダです!!(^_^)
KATOは本当にツボつきますね!!(^_^)
スハ32系はつい最近モデモ製をジャンクで導入し,スハ32をKATOのTR47台車に交換でスハ33に改造して,ぶどう色旧型客車編成完成と喜んだ2日後に発表ですから!!(^_^)
まぁ~こちらは電暖仕様2000番台ですからかぶらないとは言え,最近のKATOは魅力的な製品来ますね!!(^_^)

投稿: パンダ | 2015年11月14日 (土) 午後 07時22分

KATOからスハ32 中央本線普通列車が出ますが、増結用のオハ35は一般形ですか?戦後形ですか?

投稿: | 2016年2月29日 (月) 午後 07時54分

>KATOからスハ32 中央本線普通列車が出ますが、増結用のオハ35は一般形ですか?戦後形ですか?

メーカーのサイトに拠ると、増結用のオハ35は、品番5127-1 5127-3と記されているので、オハ35一般型の茶色とオハ35戦後型の茶色という事になります。

投稿: 西日本在住 | 2016年3月12日 (土) 午後 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/62661773

この記事へのトラックバック一覧です: KATO2月の新製品:

« 今年の東武フェスタは3000系 | トップページ | KATO3月の新製品 »