« TOP PAGE | トップページ | KATO  5月の新製品 »

新年の当鉄道2016

P1090086
 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 性懲りもなく、今年も抱負などを述べてみたいと思いますが、サッポロビールのコマーシャルで広島の黒田さんが良いことを言っています。「目標は小さく」、「達成したら新たな小さな目標を立てる」。今年はこれで行こうと思います。

 昨年秋から復帰したGゲージは、走らせられるようになったのをいいことに、仕上げを怠ってしまっています。

コントロールボードの完成、

配線の整理、

そして積雪に備えてのラッセル車は早急に完成させたところ。


 Nゲージは意識改革の必要を感じています。


 Gゲージの車両は総勢30両もありませんが、それだけに100%の稼働率。実物にこだわらず、らしければ何でもOKというスタンスですので、走る機会のない車両はありません。
 それに比べてNゲージは、購入時に走らせてそのまま保管されている車両があまりに多すぎます。

 それなら買わなければいいのにと思いますが、メーカーさんはユーザーの心をくすぐるのが上手ですから、わかっていながら、コロッと行ってしまうのが常でした。

 一応テーマは決めております。しかし、テーマに従って集まった車両は相当な編成数になりますので、たとえば1970年代の東北線をテーマに走らせようと思っても、線路に載せるだけで大変、撤収するのも大変。だからテーマに従って走らせる機会はあまりありません。

 さらにテーマが多すぎます。
 国鉄の幹線は、密度に濃淡はあるものの、すべてテーマ。東京口、上野口、新宿口、東北、北海道、北陸、関西、中国、四国、九州。

 国鉄の場合は、全国で同じような車両を使用するので、使いまわしができるのが救いです。これに対してJRになってからは、新造車では列車ごとに車両が異なり増備に拍車をかけるうえ、国鉄時代の車両も地域ごとに塗装が異なる結果となって、同じ系列の色違いが多数存在する状態。

 そして、新製品のラッシュ。四半期に1回の新製品だった20年前と異なり、毎月新製品が出てくる現在では、新製品の購入、整備、試運転で手いっぱいで、テーマに従い運転する余裕などありません。

 そこで小さな目標は、「テーマを絞る」。テーマから外れる車両はスルーし、転属させることになる基準作りです。

 HOゲージは、以前、Nと同じような車両が集まってしまって、何をしたいのかわからなくなりました。現在は、テーマを国鉄の非電化地方亜幹線とし、それ以外は583系、EF66といったどうしても欲しい車両のみ残すことにしました。車両の整理は一段落しましたが、シーナリーが一部にした付いていませんので、まずはバックストレートに景色を付けることを目標としたいと思います。

 小さな目標ですので、3月いっぱいに達成したいところです。


 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« TOP PAGE | トップページ | KATO  5月の新製品 »

011 鉄道模型について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/62981713

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の当鉄道2016:

« TOP PAGE | トップページ | KATO  5月の新製品 »