« 新年の当鉄道2016 | トップページ | 庭園鉄道2016 »

KATO  5月の新製品

新年早々、5月の新製品の発表がありました。
昨年末発売のカタログで予告されていた製品が続々登場。
2016_4c1

2016_4b

2016_4a

 C50、オハ32000系、711系、DD13、クモハ11+クハ16、ベルニナ急行が新製品。


 C50は、現在の水準で製作されるそうで期待します。ただ、同時にオハ32000系も製品化してベストマッチというのが気になるところ。
 そういうことになると、戦前の仕様で製品化するのでしょうか。すくなくともATS関連の機器はついていないし、SL末期の姿とは相当異なるのではないでしょうか。

 私としては、1970年ころ小山で見た末期の姿が希望です。


 オハ32000系は、オハ31系の表記変更とスポーク車輪化に留まるようです。
 オハ31系については、最低限オハフ30とオロ31が欲しいところで、現代の水準のC50に牽かせるのであれば、車種を厳選して一から作り直して欲しいところてす。

 711系はレジェンドコレクションとして製造、ということは登場時の姿で、マイクロ製品とはかぶらないようです。さすがに900番台は含まれないと思います。数両の珍車を入れられても困るといえば困りますが。

 711系には興味のない方でもポスターに小さく書いてある新規の密連カプラーには興味が涌くのでは?
 電連に見立てたフック部分で連結している現行製品に代わって、本当に連結器部分でつながるようになるようです。
 これまで、KATOの密連は電連必須だからとTNカプラーを採用していたKATO信者には朗報です。

 DD13は、初期型が1/150スケールで製品化されて、大きさの違いに閉口しておりましたので、製品化はありがたい。このタイプは、国鉄時代全国どこにでもいましたので、模型としての使い勝手も良いと思います。
 これで旧製品はお蔵入り。

 クモハ11+クハ16は、鶴見線仕様と南武支線仕様を分けての製品化。はっきり言って違いがわかりません。細かい部分で違いをつけてくるのでしょうか。サンプルが楽しみです。

 ベルニナ急行は、有名なブルージオのループ橋をとおる列車で昨年発売のアレグラが牽引します。
 R150通過でしょうから、小さなスペースでブルージオのセクションができそうです。
 それはいいのですが、5両基本セットが20,000円で4両増結セットが8,500円というのはいかにも不可解。
文字通りの理解をすれば、1両だけ11,500円の客車があることになります。
 おそろしいのは、基本セットにアレグラが含まれること。そうなったら、アレグラを買った人はどうすればよいのでしょうか。


 いずれにしましても、話題満載の新製品発表でした。

 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 新年の当鉄道2016 | トップページ | 庭園鉄道2016 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ベルニナ基本は、「アレグラ(¥14,800)」+客車2両なので妥当な価格だと思いますよ。
C50は落成時の姿のようですね。
光仕様の銀車輪。
オハ32000はオマケ的な感じでしょう。
C50もオハも今回は50周年のコレクターズアイテム的な位置づけですから。
過去あさかぜやEF58セットなど既製品の仕様変更記念セットがありましたから。(58は気合いはいってましたが…。)
C50はいずれ通常品が製品化されるでしょう。
その時どのような仕様で発売されるか。

投稿: 鳩1号 | 2016年1月 7日 (木) 午後 11時24分

C50光仕様→光沢仕様
の誤りです。

投稿: 鳩1剛 | 2016年1月 7日 (木) 午後 11時25分

予想していたクモハ11+クハ16 200番台と400番台 早速来ちゃいましたね~。
クモハ11+クハ16 200番台と400番台は、20m級旧国が大量に入線する迄、宇部線でも使われてましたので間違いなく購入予定です。
17m級旧国が主力の頃は、社形型買収国電のクハとクモハ11が連結して走ってました。
あと、クモハ42+クハ16という編成もあったそうです。

KATO様には、クモハ11+クハ16 100番台(旧モハ30系)も発売して下さると嬉しいのですが…。これも、宇部線でも使われてましたので。
(流石に、ダブルルーフ屋根型は無理か?)


DD13の2灯ライト型発売予定来ました。
旧製品は、少し大きめなボディスケールな点を除けば、ディティール、走行性能共に素晴らしく、又、入手し易く、リーズナブルな価格設定も嬉しい点でした。
昔、EF15が下関運転所に配置されていた頃、数台のDD13が配置されていましたが、割と早い段階でDE10(DE11も?)に置き換えられ、私が写真撮影を始めた頃にはDD13は下関区からは姿を消していました。


タキ43000の社紋、メーカー名、印刷済み、やっと来ました。
社紋、メーカー名を、湾曲した車体にシールで綺麗に貼り付けるのは非常に難しく、どうにも頂けませんでしたので、本当に有難いです。
これを機に、昔買った、手持ちの黒と青各一台のタキ43000は、黒車体を日本オイルターミナル社の社紋に貼り換え、青車体を日本石油輸送社の社紋に貼り換えようと思います。

ホキ2500 2両セット販売嬉しいです。
8両セット購入出来なかったので。

711系予想道理来ましたね。
6両セット、レジェンドシリーズで発売。
出来れば、手頃なM付き3両セットを発売して欲しいですね。


次の旧型電気機関車は、人気のEF53辺りですかね。峠越えの瀬野八のEF59にも出来ますし。
昔、Nゲージ黎明期、乗工社のEF53ボディをKATO社のEF57のボディと交換して乗せ換えるアイテムが妙に人気があり、それ以降、Nでの知名度が高いですからね。

もし、EF53が発売されるなら、EF53ボディタイプのEF10を期待したいですね。
あと、関東地方のみの活躍ですが、EF12も発売して欲しいですね。

投稿: 西日本在住 | 2016年1月30日 (土) 午後 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/63020281

この記事へのトラックバック一覧です: KATO  5月の新製品:

« 新年の当鉄道2016 | トップページ | 庭園鉄道2016 »