« マイクロエースはどうなる | トップページ | 50系客車をナックルカプラーにする »

鉄道コレクション第22弾 中小私鉄DC

 キハユニ以外のDCです。

P1090331
 紀州鉄道 キハ603
 紀州鉄道は、JR御坊駅と街の中心部を結ぶ全長2.7Kmの小鉄道だそうです。バス路線に転換されないのが不思議なくらい。よほど地元の方々に愛されているのでしょう。
 モデルは、大分交通から譲り受けた車両だそうで、1975年に入線し、2009年まで活躍したそうです。
 詳しくはこちら

P1090333
 夕張鉄道キハ253・岡山臨港鉄道キハ7002
 片運転台車両を無理やり両運転台にした形態。JR西のキハ41という例もありますが、ここまで徹底すれば立派でしょう。
 しかも、もともとは両運転台であったものを1962年に片運転台に改造。その後両運転台に戻して模型の姿になったのだそうです。

 夕張鉄道には1956年に入線して1974年に水島臨海鉄道に譲渡、1978年に岡山臨港鉄道に入線し、同鉄道廃止の1984年まで活躍したそうです。

 夕張鉄道についてはこちら

 岡山臨港鉄道についてはこちら

P1090334
 江若鉄道キハ12、岡山臨港鉄道キハ5002
 江若鉄道は、現在の湖西線に沿って施設されていた鉄道路線だそうで、1969年に湖西線が建設されるということで廃止となったのだとか。
 キハ12は、1935年にキニ12として製造。キニと言っても座席荷物合造車で、後に荷物室を撤去してキハ12となったのだそうです。京阪びわ湖号の流れをくむ流線型車体。当時は人気を博したことでしょう。
 それにしてもこの塗装は、471系そのもの。ひょっとしてこちらが本家?
 岡山臨港鉄道へは、江若鉄道廃止の1969年に入線、1984年まで活躍したそうです。

 江若鉄道についてはこちら

P1090335
 島原鉄道キハ2006
 どう見ても国鉄キハ20です。それもそのはず、国鉄から余剰車を購入したのが2005~2017。もっとも、国鉄時代にはなかった急行色が斬新。しかし、前面屋根が青に塗られているのはなぜでしょう。
 鉄コレはTOMIX製品とはかぶらないものだと思っていましたが、塗装が違えば同一形態のモデルも対象とするのでしょうか。今後が楽しみです。

P1090336
 加悦鉄道キハ08 3
 オハフ61改造の気動車キハ08を国鉄から譲渡された車両。
 国鉄時代よりオレンジが明るめなのは、オリジナルの印象を残しつつも独自性を発揮したため?
 鉄コレは電車、気動車それに電気機関車と貨車が少々というラインナップですが、これを機に客車にも手を広げてもらえるとうれしい。

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« マイクロエースはどうなる | トップページ | 50系客車をナックルカプラーにする »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/63447087

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道コレクション第22弾 中小私鉄DC:

« マイクロエースはどうなる | トップページ | 50系客車をナックルカプラーにする »