« KATO10月の新製品 | トップページ | 一般型DCを走らせる »

10-1328 711系

P1090443
 711系が入線しました。

P1090442
 レジェンドコレクション第8弾。何がレジェンドかというと、国鉄初の交流電車だそうです。

 確かに、当時の電車といえば直流か交直流。田舎の交流区間専用の電車なんてありませんでした。ところが、北海道は都会の札幌も交流区間で、直流区間とは接続しない。となれば、交直流にする必要もないということで、交流専用の711系の誕生となったのでした。


 この製品のトピックは、電連なしの新性能電車用密連

P1090445
 こちらがそのカプラー。さすがにすっきりとしています。

 さらに驚くのは、
P1090446
先頭車どうしの連結面間の狭さ。これまでの密連ではこうはいきませんでした。20年経過してTNカプラーに追いついたというところでしょう。


P1090449
 クハ711。

P1090444
 方向幕には「急行」の表示。

P1090447
 モハ711。

P1090448
 パンタ周辺。簡潔にまとめています。

P1090451
 711系の特徴である前照灯増設は、1977年から1979年にかけて行われたそうで、モデルのスタイルは、SLが現役で動いていたころのもの。
 TOMIXのC57135、KATOの北海道形D51のみならず、C62ニセコともマッチする時代設定。
 キハ80系特急やキハ56系急行、普通用のキハ22、ED76500とも競演します。

P1090454
 当鉄道には、100番台もおりますが、こちらは1980年の登場。1985年の赤1号の車体、クリーム1号の帯に模様替えとなるまでの姿。
 SLとの競演はなく、183系気動車、781系電車とおなじころの車両です。


 話しはレジェンドコレクションに戻りますが、これまでの触れ込みは、
第1弾 101系 新性能電車のパイオニア
第2弾 151系 電車特急のパイオニア
第3弾 ビスタカー 近鉄特急をのスタイルを確立した
第4弾 キハ81系 ディーゼル特急のパイオニア
第5弾 381系 振り子式電車のパイオニア
第6弾 581系 寝台特急のパイオニア
第7弾 NSE ロマンスカーのスタイルを確立した

と、こんな具合だったでしょうか。

 国鉄型はパイオニア的存在。私鉄は、特徴を確立した車両といったところ。自社既製品、他社製品との兼ね合いもあるので、パイオニアは全て製品化されるのではないでしょうが、

 長距離電車のパイオニアである80系シル・ヘッダー付車両。

 交直流電車のパイオニアである401系

 大出力気動車のパイオニアのキハ91系。

 このあたりはいずれとりあげられそう。特にキハ91は、中央西線がシリーズ化されることになったようですので、可能性大かも。


 そのほか、153系は、急行・近郊型電車のスタイルを確立した系列ですが、自社既製品がありますので、ありうるとすれば非冷房・サロ背中あわせの12連でしょうか。
 キハ17系は、量産型ディーゼルカーのパイオニアですが、TOMIXがおさえています。ありうるとすれば、キロハ18、キハ18を含んだ、旧色の編成?

 次は何がくるか。楽しみです。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« KATO10月の新製品 | トップページ | 一般型DCを走らせる »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

>中央西線がシリーズ化される
これは何より嬉しい情報です。ありがとうございます。さて、ラインナップはいかに!

投稿: 東濃鉄道 | 2016年6月 7日 (火) 午後 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/63686260

この記事へのトラックバック一覧です: 10-1328 711系:

« KATO10月の新製品 | トップページ | 一般型DCを走らせる »