« 模型の適正車両数は? | トップページ | 高崎の115系 »

適正車両数ではメーカーが困る

 昨日、適正車両数は許容収容車両数+展示車両数という話をしましたが、今日は、それではメーカーは潰れてしまうという話です。

 収容できる車両の数は、人それぞれで多い人もいれば少ない人もいます。
 カラーボックス2個が収納場所で、Nゲージを収納していたとすると、1段に車両ケースが10個くらい。4段で40個のケースとなり、1つのケースに平均8両収納されているとすれば、320両となります。展示分も含めると350両くらいでしょうか。

 そのくらいなら、定期的に動かせそうです。


 しかし、Nゲージのケースが40個に達するのは以外に早そうです。

 最初のうちは欲しい物だらけで、あれもこれもと手に入れてしまったというのはよくある話で、一気に40個はなくても、3年くらいのうちには40個に達してしまうのではないかと思われます。

 そして、みんながみんな、適正車両数に達して収納場所もなくなったので、もう車両は買わないということになったら、メーカーには新たに模型の世界に入ってきたモデラーしかお客がいないことになります。


 新規参入者と既存のモデラーを比べたら、既存のモデラーのほうがはるかに多いでしょうから、メーカーはアウト。そうなっては、新規参入者ばかりでなく既存のモデラーも困ります。

 そうならないためには、適正保有数がどのくらいかなとど考えることなく、予算の範囲内で車両を購入し続けなければいけません。

 あるいは、適正数を超える模型は小学生にプレゼントするか。その中の何割かは将来鉄道模型を趣味にして、購入する側にまわってくれるかもしれません。

 これが穏当で収まりのよい解決でしょうか。

 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 模型の適正車両数は? | トップページ | 高崎の115系 »

011 鉄道模型について」カテゴリの記事

コメント

はじめまして・・・

「予算の範囲内で車両を購入し続けなければ」とする
なら、私たちは 模型ユーザーではなく「宗教法人鉄道
模型」の信者さんになってしまいますね。ほんとの意味で。
 それで、教団のやっていることが、いい仕事なら納得
ですが、Youtubeで海外を見渡すと、テクノロジーが
時代から取り残されてます。
https://www.youtube.com/watch?v=ZVKdh1Mmp78
https://www.youtube.com/watch?v=3kioLZSwQq8

このマルタイの差は・・・ゲージの差?だけですか?
動いてるじゃん 光ってるじゃん でもそれだけ。
電子立国ニッポンが泣いている(笑)ユーザーを
なめると、今にそっぽ向かれてしまいます。
https://www.youtube.com/watch?v=SaxG3eMg4bc
https://www.youtube.com/watch?v=smNx-ztngLQ

投稿: Piano | 2016年7月30日 (土) 午前 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/63978191

この記事へのトラックバック一覧です: 適正車両数ではメーカーが困る:

« 模型の適正車両数は? | トップページ | 高崎の115系 »