« C62 さくら | トップページ | スケールスピードとサウンドボックス »

C11のリニューアルはいつ?

 トラムウエイのC11が発売されて数ヶ月が経過しましたが、KATOさんからは音沙汰がありません。

 2016年カタログで急遽製品化が発表されたC11。
 トラムウエイさんも影響を受けたと思います。といいますか、ここに一人影響を受けた者がおります。

**************************************


 この先は、C11を購入された方で忸怩たる思いをされている方には不快な内容になります。読み進まれませぬよう、お勧めします。


***************************************

 もっとも、KATOさんが製品化発表をしなくても、トラムウエイさんのC11は入線させなかったと思います。

 といいますのは、KATOさんでさえ、数種類のテンダ式SLを製品化し集電性能を向上させて、C12の製品化にこきつけたと思われるのに、SLは初めてというメーカーがいきなりタンク式SLを製品化しても、まともに走るものはできないだろうと思っていたからです。

 C62東海道形以前のSLは、個体差が大きくて、よくホビーセンターに持ち込んでいました。その際、チェックされるのがテンダ車輪の集電状況。担当者氏によると、SLの不調の原因は、大半がこれだとか。なるほど、テンダの車輪を整備すると大抵の不調は回復しました。

 したがって、テンダに頼れないタンク式SLの集電は困難を伴うはずなのです。C12の走りのよさは、先輪、後輪からも安定した集電を可能にするノウハウを獲得したからこそ実現できたものではないかと。

 だとしますと、そのへんのノウハウのないメーカーがいきなりタンク式機関車を製品化しても、結果は明らかだと思われたわけです。

 購入された方の記事を拝見しますと、予想通りの結果だったようです。集電性能以前の問題だという方もおられるようで、やはりタンク機関車は難しいのでしょう。


 さて未だ音沙汰のないC11ですが、KATOさんとしてはリニューアル製品化ですので、いろいろと期待してしまいます。走りが安定するのは当然として、

 期待1 タンク機関車ですのでバック運転をしたいところですが、いわゆる重連カプラーではなく、端梁にナックルカプラーを取り付けるようにしてもらいたい。

Dsc06769
 以前初代C11をバック専用にしたことがありました。

Dsc07611
 前部にはナックルカプラーをねじ止め。わずかに首をふる程度でしたが、R250は難なく通過してくれました。KATOさんなら、連結も実感も兼ね備えた前部カプラーが作れるはず。

 期待2 後部のカプラーもボディマウントに。
 C12では、台車マウントになっていた後部カプラー。しかし、C12の全長なんてワム80000に毛の生えたようなもの。R150を通そうというのならともかく、普通のカーブを走らせるなら問題ないでしょう。
 C11をバック専用にした際、端梁をそれらしく作りましたが、見栄えがぜんぜん違いました。是非、端梁を再現しボディマウントカプラーにしていただきたいものです。

 年内発売の新製品情報は、あと1回。来月発表になるか、期待大です。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« C62 さくら | トップページ | スケールスピードとサウンドボックス »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

C11欲しいですね!

katoの年末楽しみですよ

165系8両アルプス編成に来たいしてますけど。

どうなることやら。

投稿: 大佐 | 2016年7月13日 (水) 午後 01時46分

発表があるとすれば、銀座松屋での鉄道模型ショウ・・・僕も行きます!

投稿: 岩崎友裕 | 2016年7月13日 (水) 午後 08時11分

松屋での鉄道ショウでは、情報がありませんでした・・・(T_T)

投稿: 岩崎友裕 | 2016年7月30日 (土) 午後 07時18分

C11 リニュウアル発表されました。

投稿: | 2016年11月 2日 (水) 午後 04時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/63790853

この記事へのトラックバック一覧です: C11のリニューアルはいつ?:

« C62 さくら | トップページ | スケールスピードとサウンドボックス »