« 石岡の発車メロディーが新しくなったそうで | トップページ | 鉄道模型をブログの記事にすること »

鉄道模型と人間模様

 昔、テニスの真似事をしていたころ、目の覚めるようなサービスエースをきめるよりは、チャンスボールをスマッシュしようとして空振りするほうがなごみました。空振りしたボールが頭でバウンドしようものなら、一同大爆笑で打ち解けられたように思います。

 人間臭さのにじみ出る光景ですが、鉄道模型でこのような人間模様はありますでしょうか。

 鉄道模型ではどちらかというと、サービスエースがきまったことを称賛しあう人間関係のように思います。
 複雑な塗り分けを完璧に表現してますね、マスキングはどうやったんですか。
 屋根上の手すりまで取り付けてある!作りこんでますねえ。などなど。


 湘南色を塗ろうとして缶スプレーを吹いたら、ショッキングピンクだった。
 モーターへの結線を左右間違えたら、逆走した。
 話としては人間臭さを感じますが、運転会に持ち込んだら顰蹙をかいそうです。


 受けをねらったユーモア満載の模型はありだと思います。
 Nゲージでパワートラックを自作して、上回りに立ち食いそばのスタンドをかぶせ、「キソバ」という形式のディーゼルカーをこしらえたメンバーがいました。
 大うけでしたが、これはユーモアのサービスエースがきまったのであって、大ポカがなごませているわけではありません。


 ウイスキーグラスでも傾けながら、独り悦に入る自分だけの時間。
 目の前を走りゆく列車に心なごむ。
 大ポカ自体を楽しむこととは縁遠い、パーソナルな趣味。
 鉄道模型というのはそんなものかなあと思ったりします。


 つづく


 
 
↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型


|

« 石岡の発車メロディーが新しくなったそうで | トップページ | 鉄道模型をブログの記事にすること »

011 鉄道模型について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/64196308

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型と人間模様:

« 石岡の発車メロディーが新しくなったそうで | トップページ | 鉄道模型をブログの記事にすること »