« 阪堺電気軌道161型 | トップページ | KATO2017年2月の新製品 »

建コレ148 駅 H

 老朽化した駅舎の代わりに車掌車の廃車体を利用した駅。ローカル線ではよく見られる例ですが、
P1090839
建物コレクションが製品化しました。


 箱には北海道を想定した光景。
P1090840


 製品には駅舎の撤去跡まで表現する凝ようというべきなのか、単に駅Aのホームを再利用しただけというべきなのか、
P1090841
建物の基礎跡があります。

P1090842
 廃車体はヨ6000と思われます。

 ローカル線ですので、床下が丸見えになる客車専用ホームが望ましいのですが、レール面上6mmの電車・客車兼用ホームとなっています。

P1090844
キハ58が停車するとこのとおり。

 客車専用ホームですとレール面上5mmなので、レール下に1mmプラ板を敷けばそれらしくなります。

 軽快気動車の展示台として活用したいと思います。


↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« 阪堺電気軌道161型 | トップページ | KATO2017年2月の新製品 »

623 製品の感想 トミーテック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/64308352

この記事へのトラックバック一覧です: 建コレ148 駅 H:

« 阪堺電気軌道161型 | トップページ | KATO2017年2月の新製品 »