« KATO6月の新製品 | トップページ | 115系300番台への期待 2 »

115系300番台への期待 1

 KATOから発売になる115系300番台湘南色。
 15両編成が組めるセット構成であり、115系フリークの私は全セット入線予定ですが、走らせ方としては、0番台、1000番台との混成になります。


 1973年ころまで、115系湘南色は、上野口でしか見られない、マイナーな電車でした。車種も、0番台の非冷房車のみ。もっとも、フリークから見ますと、0番台非冷房車にもいろいろあり、ひとくくりにはできないのですが、それはさておき、

 中学2年のある日、高崎線の踏切で待っていると変なヘッドライトの115系が通りかかりました。
 小さいヘッドライト、屋根上のクーラー、よく見ると側窓が角ばっている。初めて見た300番台でした。
 先頭車なのに集中型クーラーかよという第一印象。それまで冷房車と言えば急行型で、先頭車は分散型でしたので、クハの集中型クーラーは違和感たっぷりでした。

 ところで、最近のJR東日本では、1年か2年で全編成を新形式に更新してしまいますが、国鉄時代は限られた予算の許される範囲で新車を導入していきましたから、編成全体が新番台などというのはごくごく例外。
 15両あるいは11両編成のうち、4両または7両が300番台であとは0番台非冷房車。
 300番台だけの15両編成など見た記憶がありません。

 そして、1977年ころには、新製車が1000番台に移行したので、0番台、300番台、1000番台が混結されるようになりました。

 また、1975年から0番台の冷房改造が始まりましたので、0番台には非冷房編成と冷房編成がありました。

 さらには例外的に、4連、7連中に、0番台、300番台、1000番台が混結されているものもありました。

 手元に1979年の国鉄電車編成表がありますが、そのころの新前橋電車区には

 クハ115-1101
 モハ115-1011
 モハ114-1042
 クハ115-1032
 モハ115-394
 モハ114-420
 クハ115-105(非冷房車)

という7連までありました。

 全検に関連した寄せ集めですが、フリークとしては、こういう編成を組みたくなります。

 当面はマイクロ0番台のレベルアップとKATO1000番台のカプラ交換で対応しますが、300番台に引き続き、0番台の製品化、1000番台のリニューアルも期待してしまいます。


 

|

« KATO6月の新製品 | トップページ | 115系300番台への期待 2 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/64864724

この記事へのトラックバック一覧です: 115系300番台への期待 1:

« KATO6月の新製品 | トップページ | 115系300番台への期待 2 »