« KATO 3082 ED70 | トップページ | KATO8月の新製品 »

KATO7月の新製品

2017_7a
 7月の新製品が発表になりました。16番ではクモハ12が新規製品として発表されたものの
 
 
 
 
 
 

 Nゲージでは、昨年12月に発表された24系はやぶさのカニ24とオハネ25 1000以降、完全新規の新製品が発表されていないような・・・・・

 昨年12月といえば、先代がご逝去された月。代替わりして、何かが変わってしまったのか?


 再生産を望まれている方も大勢いるでしょうし、この車両の色違いがあればよいのにと思う方もいるとおもうので、今の方針もよろしいと思います。

 むしろ、完全新規製品が年に数回であった20年前に戻り、お財布にやさしいNゲージに戻ってくれるのなら、それも良いのかもしれません。
 
 
 
 
 

↓私も参加しています。
よろしければ、クリックをお願いいたします。↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

|

« KATO 3082 ED70 | トップページ | KATO8月の新製品 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

またトキ25000再生産されますな。
現役無蓋車という事もあって、すぐに売り切れるので再生産ありがたいです。
実車は、SL現役時代から使用され続けているボギー式無蓋車。
今となっては貴重な車両ですな。

c12ももう一台増備したいな。
タム500とワ12000も、もう一個増備しておくか。

皆が待ち望んでいる事なんですが、そろそろ、KATO社、トミーテック社共に、ワム60000形を発売してくれませんかねー。2軸石炭車のセラ1形も。

ED62がKATO社でも飯田線ネタで発売されるので、それに牽引させるホキ5700とタキ25000が発売予定ですな。
とっても嬉しいな。
ホキ5700とタキ25000は、国鉄&JR時代の飯田線でも使用されていた私有貨車ですな。
両車は廃止された信越本線の横川~軽井沢区間でも国鉄時代走行してますからね。
既発売のEF63+EF62のごちゃ混ぜ貨物列車に入れて牽引させても都合が良い訳ですな。
KATO社、ナイスな発想です。

旧トミックスのホキ5700は、模型としては良く出来ているが、ホッパーのボディがかなり高めに出来ているからスケールモデルとしてはアウトなんですよ。

ホキ5700は、当然、社紋はチチブセメントでしょうな。チチブセメント車は飯田線にも入線しているので。(チチブセメント車は信越本線にも入線している)
タキ25000は手ブレーキ車になるのか、それとも側ブレーキ車になるのか分からないが、日本石油輸送車は他社から発売済みなので、個人的にはNRSの日本陸運にしてほしいな。NRS車は飯田線でも入線しているから。ゼネラル石油車も飯田線に入線してるのでこれもOKですよ。
カセットコンロガスで有名な岩谷産業(イワタニ)車も発売できないかな? 旧社紋(○の中に井が入った奴ね)の方を。

ホキ5700は小野田セメント車や日本セメント車、デンカ電気化学工業車や、スクリューコンベア搭載のホキ7500の清水工業車なんかも発売希望。
KATO社から、ホキ34200、ホキ8500、タキ1900のセメントターミナル車と大阪セメント車発売希望。
既発売であるタキ10600の単品2両セット発売希望。

私有貨車は特定地域路線で使用されている物も多いので、こういった私有貨車を編成に何両か入れて走らせると地域色が出せて面白いですよ。

投稿: 西日本在住 | 2017年3月 4日 (土) 午後 07時41分

KATOさんのトラ90000の試作品を見たら、アオリ戸受けが付いてないんですけど、ひょっとしてうっかりミス?
ミスなら早く修正するべし。

投稿: 西日本在住 | 2017年3月25日 (土) 午前 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/64966618

この記事へのトラックバック一覧です: KATO7月の新製品:

« KATO 3082 ED70 | トップページ | KATO8月の新製品 »