« KATO10月の新製品 | トップページ | KATOから四季島 »

KATO11月の新製品

2017_11
 国鉄のKATO、JRのTOMIXだと思っていましたが・・・・・最近既製品のJR仕様が目につきます。

 碓氷峠はEF63+EF62+14系能登 JR

 EF8195+E26系 カシオペアクルーズ

 バリエーション展開ですが、KATOは新規製作してそのままというのが多かったので、これはこれで良いのかも。


 当鉄道のEF8195は、北斗星、レインボーが現役だった25年くらい前の製品。パンタの下に大きな突起のあるもののそれほど不満はありません。しかし、これまでの製品は電暖表示灯は縦長ではなかった?常磐無線アンテナ撤去跡も表現となると、予算状況によっては導入かも。

 225系100番台は、前面がなだらかな曲線になったそうですが、当鉄道では225系自体未配備。買っても運転する機会がなさそう。

 飯田線は、原型クハ68が製品化されたり、窓周りに変更が加えられるようですが、飯田線フリークではない私にはあまりインパクトがありません。


 EF63の説明の中に「169系」の記載。わずか4文字ですが、これが今回の最大の期待。


|

« KATO10月の新製品 | トップページ | KATOから四季島 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。管理人さまの新製品プレヴュー楽しみにしている1ファンです。
私は、225系100の製品化に期待です。大阪環状線323系をTOMIXが先行して製品化(KATOもそのうち)、アーバンネット車両充実ですね。

投稿: 東濃鉄道 | 2017年7月 9日 (日) 午後 01時53分

はじめまして。コメントするのはこれが最初であります。

確かにEF62の予告を見た時はJR仕様であることに驚きました。最近、全面はTOMIX、スカート周り、台車、塗装はKATOがいい、と悩みつつ時代設定で選ぶということも多かったのですが、さらに迷うことが多くなりそうです・・・

飯田線のクハ68は原型ではないですが、クモハユニ64が原型窓、茶塗装で製品化されたのは嬉しく思っています。さすがに本当の原型の製品化は期待できませんが、こういう製品が出てくると今後の展開に期待してしまったりもします・・・^_^

投稿: LKZ_KANONE | 2017年7月10日 (月) 午後 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/65501599

この記事へのトラックバック一覧です: KATO11月の新製品:

« KATO10月の新製品 | トップページ | KATOから四季島 »