« KATO夏の新製品 | トップページ | 平成最後の年明けのご挨拶 »

今年入線した車両から勝手にベストスリー

 今年は、鉄道コレクションと小田急GSE以外はすべてKATO製品でした。

Img_0045

 C57 1次型
 E235系
 ED71
 EF65 0
 485系200番台
 キハ81系いなほ
 165系急行佐渡
 EF80ひさしなし
 20系ゆうづる
といったところ。

 完全新規は、E235系、ED71。あとは既発売製品に一ひねり加えたバリエーション製品でした。バリエーション製品はスルーしようとおもえばスルー出来るので、財布にやさしい新製品ともいえましょう。

 実車のGSEは、小田原で一回見たことがあるだけですが、上から見る機会の多い鉄道模型では、メタリックがかった赤い屋根は実車との印象を違えてしまうような気がしています。

 E235系は製品化が早かったのは良いのですが、オール新造車の編成の方がよかったのでは?

 165系佐渡は、モハ164-500とサハ164がうれしい製品化。

 485系も200番台が出て、昭和40年代後半の特急が再現できるようになりました。

 鉄道コレクションは、25~27弾のノーマルコンプリートと相模鉄道5000系と京成3500形


 この中で良かったのは、

Img_0048
 GSE。小田急のロマンスカーという題材は良い印象。できばえもなかなかですので、ベストスリー入り。

Img_0057
 相模鉄道5000系。昭和30年代、湘南型を相模鉄道風にアレンジした傑作車両だと思います。鉄コレとはいえ、模型的にもそつなくまとまっているので、ベストスリー入り。

Img_0053
 EF80ひさしなし。先行発売されたひさし付は、晩年の水漏れ防止対策で、今回の製品が長く活躍した原型車。まだ、入線整備が終了していない体たらくですが、模型の出来栄えは言うことなしです。

 ということで、今年の記事更新は数えるほどでしたが、来年はもう少し頻繁に更新しようと思います。

 皆様、良いお年をお迎えください。

|

« KATO夏の新製品 | トップページ | 平成最後の年明けのご挨拶 »

620 製品の感想」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにコメント差し上げます。

GSEの屋根ですが、仕事の縁で聞いたところによれば、車体と同じ色で屋上も塗ってあるそうです。
ただし、滑り止めのある部分だけは、ややつや消しっぽくなります。さらに第1編成と第2編成では、運転室上部の滑り止め部分の範囲が違うそうですが、これは仕様の変更ですから、将来同じように改修されるかもしれないと思っています。

TOMIX製品は店頭で見ただけですが、走らせたい魅力に触れていますね。

投稿: とりのさんぽ | 2019年1月 4日 (金) 午前 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/67537555

この記事へのトラックバック一覧です: 今年入線した車両から勝手にベストスリー:

« KATO夏の新製品 | トップページ | 平成最後の年明けのご挨拶 »