« KATO2月の新製品 | トップページ | KATO5月の新製品 »

KATO4月の新製品

2019_4b1

みちのくのオロ61、スシ48、オハフ45とワキ50000が新製品。


 みちのくは、完全新規はスシ48のみ。スシ48よりはマシ35がよかった。マシ35は、初代つばめ製品の際に製品化されたものの製造当初の仕様。側窓固定化の仕様があれば、オシ17一辺倒の旧客食堂車に幅ができたと思います。
 
 オロ61は、スロ62をベースに非冷房時代の姿を製品化するものと思われます。KATOさんですから、期待は裏切らないでしょう。

 オハフ45は、スハフ42との違いをどれだけ表現できるのか、期待して待ちたい。

 ところで、車体色ですが青15号なのでしょうか。昭和39年から1年間、C62が重連だった姿とあり、青15号の客車がいてもおかしくありませんが、近代化改造を行った客車を青15号に塗ることに決まったのが昭和39年なので、昭和39年の東北の急行用客車が青15号で統一されるなどということは考えられない。
 ブドウ色の中に数両青15号があれば御の字だった時代です。

 ブドウ色中心の編成ならセットで買いますが、青ならASSYだけかも。


 ワキ50000ですが、50年前の製品の塗り替えはいかがなものか。
 5月には各屋根のワキ10000を製造するのですから、新規ボディで作ったらどうかと思いますが・・・・・

|

« KATO2月の新製品 | トップページ | KATO5月の新製品 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO4月の新製品:

« KATO2月の新製品 | トップページ | KATO5月の新製品 »