« KATO4月の新製品 | トップページ | KATO夏の新製品 »

KATO5月の新製品

2019_5a1

既製品のバリエーション展開かと思いきや、カートレインのカヤ21、ナロネ21の貫通路塞ぎ板付、ワキ10000の角屋根は新製作成品。

 昔、グリーンマックスのステッカーにカートレインの側面表示があって、実車も九州へ、北海道へと走っていて、ワキ10000は1両500円程度で済んだので、屋根と妻板を青20号で塗装して、カートレインを仕立てました。

 私は、20系の九州編成でなく、25系の北海道編成としましたが、平成の終わりにそのものの製品がKATOから出るとは・・・

 さらにうれしいのはカヤ21が製品化されること。
 これで、天の川などの急行格下げ編成が組めるようになります。ナハ21がでれば十和田も組めて、20系コンプリートでしょうか。

 ワキ10000は、せっかく角屋根の車体を新規作成するようですが、カートレイン用だと側扉にカートレインの表示板がモールドされてしまいそう。

 黄緑のワキ10000、台車を買えてワキ5000を出してもらいたいところです。

|

« KATO4月の新製品 | トップページ | KATO夏の新製品 »

621 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95024/67537397

この記事へのトラックバック一覧です: KATO5月の新製品:

« KATO4月の新製品 | トップページ | KATO夏の新製品 »