« 昔乗ったあの列車1-4 急行桜島・高千穂 | トップページ | 車高が下がったロクヨン1次形 »

入線を迷うEF64 0番台と急行きそ

 KATOのロクヨン1次型と急行きそが発売になり、既にお手元に届いている方もおられることでしょう。

 ホームページの製品紹介を見ますと素晴らしい出来のようですが、既発売の製品と重複するものがあるのも事実。この期に及んで入線を迷っています。

 ロクヨン0番台は、TOMIXが早くも1980年ころに製品化し、2000年代に入ってからKATOが前期型、後期型を製品化しています。

p1010540

 左からTOMIX、前期型、後期型で

 

前期型と後期型では、扇風機カバーの有無、テールライトの外はめ式と内はめ式の別、ジャンパ栓が作り分けられています。

p1010541

 

 前期型が入線しているので、違いがそれほどないのなら、パスか、しかしせっかくフルリニューアルしたのであるから買いか。

 前期型と1次型のホームページ写真を見比べてみます。

p1010542

 

p1010543

 KATOのホームページはこちらになります。

 今回の製品は、てすりが別パーツになり、解放てこが表現されいます。また、テールライトは円盤を取り付ける台座が付いているタイプ。

 窓周りのボルトは写真では判りにくい。

 ちなみに、前期型も150分の1ぴったりで作られており、フルリニューアルだからといって車体の大きさには変更はないはずです。

 店頭で実物を見たらかごに入れちゃいそう。入線したら感想を述べたいと思います。

 

 急行きそは、ナハ10900とオハフ46が新規製作品。

 オハ46は津軽セットに、オハフ45はみちのくセットに入っています。

 これらのセットをお持ちの方は、セット購入迷いますね。

 ちなみに、ナハ10900ASSYで2,150円+税、オハフ46は2,550円+税(前後ともアーノルトカプラーにする場合)です。

 ASSYは31日発売ですね。新規製作品はASSYかな。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

|

« 昔乗ったあの列車1-4 急行桜島・高千穂 | トップページ | 車高が下がったロクヨン1次形 »

721 製品の感想 KATO」カテゴリの記事

コメント

今日は、アントンKさんのブログの中にEF64の5号が先頭の写真が載っています。撮影場所は甲斐大和付近とのことです。JR後とのことです。

投稿: てつきち | 2020年11月 2日 (月) 午後 07時07分

てつきちさん、こんにちは。
アントンKさんで検索したのですが、トレーナー販売のページしか出てきませんでした。

投稿: e231green | 2020年11月 3日 (火) 午前 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔乗ったあの列車1-4 急行桜島・高千穂 | トップページ | 車高が下がったロクヨン1次形 »