« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

KATO 2021年5月の新製品

 今月も、月が代わる前に新製品の発表がありました。

 来年5月の新製品。

20215a

客車列車セット 寝台急行きたぐに

EF64 0番台2次形/p>

381系パノラマしなの

ホキ5700秩父セメントセット

再生産ですが、151系こだま・つばめセット

 

客車列車セットは、新しい試みで、特定の編成ではない通常の車両製品を核に特定の編成の再現など遊びを拡張できる車両をラインナップしたセットだそうです。

これまでのフル編成セットでは、サボや車番が異なるとはいえ、同じ形式の車両が多数在籍することになってしまいました。私は「きそ」では、オハフ46とナハ10900をASSYで購入したのみで、そのほかの形式は他のセットから流用しておりましたが、よほど思い入れのある編成でもなければ、それで十分な気がします。

  急行運用の客車と普通運用の客車さえ分ければ、「核」となる製品は使いまわしで良いと思います。

 

 客車列車セットきたぐには、12系が核となる編成として設定されていますが、12系のかわりに10系や43系をはさんでもOKで、使い勝手が良いと思います。そして、マニ37、オユ10、スロ54、オロネ10は流用できる方も多いと思いますが、オハネフを4両揃えられる方は少数ではいなかと思われますので、オハネフを揃えるためのセットという位置づけになるかもしれません。

 今回のEF64は、電気暖房のない貨物形だそうです。1次形同様、素晴らしい製品になることでしょう。

 

 ホキ5700秩父セメントのセットは、国鉄末期からJR初期のホキを連ねた専用列車を彷彿とさせます。

 国鉄全盛期は、雑多な貨車の編成の中に1,2両組み込まれていることが多かったように思います。この場合は2両セットで十分。

 

  再生産の151系こだま・つばめは、待っていたセット。もっとも、東海道筋のセットとしてでなく、「とき」や「あさま」に山陽から転属してきたクハ181として組み込みたいがために待っていたセットです。屋根上のライトは外されたものの、長いスカートとひげなしの前面は異彩を放っていましたし、チャンピオンマークをつけた3,4はぜひとも再現したい先頭車です。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

伊豆箱根鉄道7000系

P1010596

鉄道コレクション伊豆箱根鉄道7000系が発売されました。

P1010598

 

 

P1010599

これまで、1300系と3000系が発売されていましたが、7000系の発売により、現行の系列は揃ったことになります。

現車は、塗装変更とラブライブのラッピング車両のオンパレードで、3編成並べて現在の駿豆線とは言いがたいのですが、キリがないのでよしとします。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

ワム2000って何だ?

 TOMIXから、今月、「国鉄東北本線一般貨物列車セット」が発売になるようですが、セットの中にワム2000という有蓋車が含まれています。

 見たことも聞いたこともない形式です。

 

 どんな貨車なのかと思い、こちらのページを開いてみたところ、

 ワム23000形式と同一の車体であるが、台枠が短軸仕様の有蓋車なのだそうです。

 1946年から1955年にかけて1158両製造され、1972年ころまではほぼ全車両が残っていたようですから、もしかしたら見たことがあったのかもしれません。

 模型的には、既製品ワム90000の形式番号をワム2000と標記したものになります。

 

 単品が出るなら1両くらい買うかもしれませんが、ワム2000のためにセットは買わないな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

 

 

p1010484

 

 

 

p1010485

 

 

 

p1010478

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

昔乗ったあの列車 4 山陰本線841レ

 昔乗った思い出の列車を模型で再現しています。第4部は841レ。

 急行さんべ3号で長門市に3:54に到着。4:27発の門司行の普通列車841レに乗車しました。

 この列車は、長門機関区のD51が牽引。下関まで2時間強のSLの旅を楽しみました。

 矢印をつけたのが、841レです。

p1010592

 

 朝方で荷役要員が確保できないのか、荷物車の連結はなく、先頭の車両からテンダーが見えました。そのときの、露出アンダーのどうしようもないネガにD51 720のプレートが映っていました。同機は広島で静態保存 されているようです。集煙装置も重油タンクも積んでいない原型に近いD51です。

 客車のほうは、何両編成だったのかも記憶していませんが、オハ61系か35系の6両程度だったのではないかと。

 

 模型で再現するとこんな感じ。

p1010594

  次回は、桜島高千穂から841レまで、なんとか動画にしてみようと思います。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

 

 

| | コメント (0)

昔乗ったあの列車 3 急行さんべ3号

 昔乗った思い出の列車を模型で再現しています。第3部は米子発博多行の急行さんべ3号、宿泊代を浮かせるために乗った急行です。

 貴重な睡眠時間ですので、この間の記憶はありません。にもかかわらず、とりあげるのは、珍しい客車が組み込まれているうえ、7~8両編成と模型化するのに好ましい編成だからです。

 

p1010590

 

乗車したのは、確か大田市から長門市の間でした。

浜田と益田の間の撮影スポットで、1日SLを撮影し、睡眠時間を確保するために一度大田市まで戻りました。米子を21:49に発車したさんべ3号は、大田市に23:51に到着、江津0:34、浜田1:05、益田1:53、江崎2:17、須佐2:36、東萩3:20と停車し、長門市には3:54着。博多には7:33に到着します。

 編成は、

p1010588

 DD51に続いて、下り列車の出雲市と浜田の間にスユニが、上り下りの浜田博多間にマニが連結されており、

p1010584

 オハネフ12

 

p1010585

 オロハネ10 当時、さんべと利尻にしか使用されていませんでした。

 

p1010586

 スハ44 「つばめ」、「はと」ではめずらしくもありませんが、1974年ともなると、私の知っているかぎり、優等列車では「銀河」と「さんべ」にしか使用されていません。さんべでは、指定席車として活用されていました。

 

 そして、普通車が4両つづきます。

 

 オロハネもスハ44も製品化しているKATOさんであれば、サボ類などの印刷設定のみで製品化でき、1編成が1ケースに収まります。

 牽引機もDD51、EF30、ED72,76と多彩。模型として好ましい編成だと思うのですが、KATOさんは製品化してくれるでしょうか。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

<

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »