« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

KATO 2021年6月の新製品

 鉄コレ30弾、ベルニナ急行が発売される中、またまた、月が代わる前に新製品の発表がありました。普段は書くことがないのに、ここにきて大忙しです。

 ということで、来年6月の新製品。JR東海月間の様相を呈しています。

20216

313系 1100 1600 1300の各番台とキハ25 1500番台

313系は、国府津と沼津付近でしか見ないですし、キハ25といわれたら、国鉄の20系気動車を思い浮かべるありさまです。

JR東日本が、E231、E233、E235と前面形状を変化させているのに対し、JR東海は一途ですね。

当鉄道には、0番台、300番台、3000番台と8500番台が在籍しているので、入線はありません。せめてラインカラーが違っていたら、手が伸びるのかもしれませんが・・・

 

キハ283系は、とうの昔に製品化されていますが、最近の改造に合わせたスタイルでの生産。

すでに最初の製品が入線していますので、こちらもパス。

 

で、入線確実なのが、RhBのユネスコラッピングと電源荷物車

ユネスコラッピングは、かつて、氷河特急用の客車とセットで発売されました。発売の際に、氷河特急が2本も在籍していたので、スルーしたのですが、機関車だけは欲しかった。KATOは寝て待て。待望の単品発売です。

ちなみに、ユネスコラッピングは、世界遺産に登録されたことを記念してラントバッサー橋が描かれております。

そして、外せない脇役が電源荷物車。RhBの動画をみてますと、結構荷物車を連結している列車が多い。

KATOがRhBを生産しているのは、おそらく、現地でのおみやげとしてよく売れるのだと思いますが、そうだとすると、観光客が乗車する氷河特急とかベルニナエクスプレスやそれを牽引する機関車が発売されるのは判るのですが、地元の足になるようなEWIが売れるのか、少々疑問。

日本でいえば、新幹線は外国人観光客が買っていくとしても、E233系は買わないだろうと思うのです。

にもかかわらず、電源荷物車まで製品化してくれるということは、RhB全般が製品化対象になっているということなのでしょうか。

Ge4/4Ⅱ(箱根登山電車ラッピングの機関車)は、制御室の付いた客車とプッシュプル運転を行っており、その制御客車がかっこいい。製品化を期待してしまいます。

 

再生産は、DE10暖地形、583系、E233系南武色。そういえばお店で見かけなくなった面々です。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (2)

鉄コレ30弾 近畿日本鉄道18200系

 近鉄も、よく知りません。

 パッケージの説明によると、車両限界が狭かった京都・橿原線から伊勢志摩方面への直通特急用として登場。他の特急車両より車体幅が狭く、車体長も短いのが特徴、だそうです。/p>

 東の東武、西の近鉄といわれる大私鉄ですが、当鉄道にはKATOのビスタカーと鉄コレの通勤車両しか在籍していません。大私鉄だけに手を出したらはまりすぎて怖いというのもあります。

 

p1010647

 モ18200+ク18300 制御車にもパンタが載っているんですね。

 

p1010648

 モ18200前面。この系列もライトにレンズが入っています。こちらも引っ込みすぎで、修正が必要です。

 

p1010649

 モ18200側面

 

p1010650

 ク18300

 

 うわっつらだけの紹介になってしまいました。5系列10両が一斉に入線したうえ、KATOは新製品を発表するし、今日の午後にはベルニナエクスプレスが入線することになっておりまして・・・という言い訳です。おって、整備の様子なども追加できるかと思います。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 名古屋鉄道7700系

 名鉄は、よく知りません。

 パノラマカーの増備車で、展望席がないためセミパノラマカーとよばれていたのだとか。

 良く知らない鉄道にはこだわりもないので、時代の違う車両を平気で並べたりして、気楽に楽しめます。

 

p1010642

 モ7706+モ7705

 

p1010643

 モ7706前面。この系列はライトにレンズが入っています。ヘッド以外は引っ込みすぎなので、修正したら見栄えが良くなるでしょう。

 

p1010644

 モ7706 側面はパノラマカーです。

 

p1010645

 モ7705

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 伊豆急行100系

 伊豆急行100系は1991年以降に冷房改造された車両が製品化されました。

 リゾート21、スーバービュー踊り子、185系の時代の車両ということになります。

 2002年に営業運転を終了しています。

 

p1010638

 クモハ122 スカートも追加されています。

 

p1010639

 サハ186 既発売のサロ185とは、グリーン帯を銀帯にし、グリーン車マークを印刷していないという違いがあるだけです。

 

p1010640

 クモハ103 どちらかというと非冷房車が欲しかった

 

p1010641

 冷房装置の様子。クモハのクーラーは建物用を流用した物だそうです。サハのクーラーはサロ時代のもの、そのままです。手前は非冷房の既発売車両

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 小田急キハ5100形 

 会津鉄道に続き、小田急の気動車です。

 今はMSEが乗り入れる御殿場線も1968年以前は非電化路線。小田急にもディーゼルカーがあったわけです。

p1010634

 昔の小田急といえば、窓周り黄色、上下紺色でシークレットはこのカラーだそうですが、1959年ころには国鉄準急色にならってモデルのカラーになっていたそうで、今回のシークレットは使いにくいものになりました。ノーマルコンプリートでよかった。

p1010635

 2011年に、小田急オリジナル商品として、キハ5000 2両セットが発売されています。

 

p1010636

 キハ5100は、キハ5000で不評だったシートピッチを広くした車両なのだそうで、並べてみると確かに窓間隔が違います。

p1010637

 また、シートピッチを確保するためなのか、キハ5000に比べると、前面の丸みが少なくなっています。

 実際は2両編成×2本で運用されたそうですが、当鉄道では3両編成にして楽しませてもらいます。改装前のSE車や紺と黄色の電車と並べると絵になる車両だと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道模型

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 会津鉄道8500系

 鉄道コレクション第30弾の車両をみていきます。

 

 会津鉄道8500系

 元名鉄の気動車、くらいしか知りませんでしたが、ウィキペディアを読んでみると楽しめそうな車両です。

 名鉄時代のキハ85系との併結、東武6050系やばんえつ物語との共演etc。山の中を走る気動車、というだけではない車両です。

 

p1010632

 キハ8504の連結面にJR用の列車無線アンテナが付いている以外は、同じ車体です。

 

p1010627

 前面の列車名表示は、AIZUマウントエクスプレス

 

p1010628

 側面の行先表示は快速会津若松行となっていました。

 

p1010629

 キハ85系と並べてみました。 

 

p1010630

p1010633

 併結のためには、多少改造が必要です。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄道コレクション第30弾

 鉄道コレクション第30弾か発売になりました。

 第29弾は、2019年11月末の発売でしたので、足掛け3年、1年2か月ぶりの新製品です。

p1010621

 近鉄特急車のパッケージがかっこいい。

 

p1010623

 会津鉄道キハ8500系・小田急電鉄キハ5100形・伊豆急行100系・名鉄7700系・近鉄18200系のラインナップ

 

p1010624

 無事、ノーマルコンプリートで揃いました。

 

p1010625

 入線整備と各車両の紹介は週末に行うことにして、とりあえず支線の駅に置いてみました。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

支線の駅 3

 前回、バス転回場を必要最小限にカットしました。

 その後、転回場と商店の配置を試行錯誤していましたが、写真のとおり決定しました。

 これまでは、商店と転回場をホームに接する位置に配置していましたが、これですと、転回を終えたバスが客待ちをするスペースでとれませんでした。

 そこで、ボードの端側に商店などを配置し、ホームとの間を道路としました。

p1010616

 

 転回を終えたバスは、商店の前の道路が広くなっているところで客待ちをするという想定です。

p1010620

 

 商店の裏口がボードの端を向くことになり、ボードの長手方向から見るモジュールではなくなりました。

 元の案のように、ホーム側に商店を置きますと、長手方向からの見栄えは良いのですが、商店の前が広々としてしまう感じでしたが、決定案ではせせこまし感がアップしたように思います。

p1010617

 

p1010618

 配置が決定しましたので、アスファルト部分をスチレンボードで切り出しました。あとは塗装をして、細かなパーツを取り付けていきます。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

支線の駅 2 

 今年の抱負とした支線の駅の整備を開始しました。

 2016年以来、放置していた支線の駅。放置前の状態がこれでした。

 線路を固定して塗装し、ホームを設置、駅の向こう側に道路のベースを敷き、建物を並べて配置を検討している状態。

 

p1010608

 

p1010609

 

p1010610

 バス転回場が大きすぎてバランスを欠いているのが中断の一つの理由でした。5年前にいただいたバス運転手さんのコメントで、バスは全長の1.5倍のスペースがあれば、転回可能だそうです。そうだとすれば、製品のスペースがあるのならターンテーブルがなくても自走で転回ができてしまうことになります。

 ということで、転回場のベースをカットして、ターンテーブルだけ組み込むことにしました。大型バスの長さプラスアルファということで黄色のラインまでは絶対必要。

 

p1010611

 

  きりのいいところで一旦停止の停止線のところでカットすることにしました。

 

p1010612

 

こじんまりとした転回場となりました。

 

p1010614

 

 せせこましい感じが出てきました。狭小住宅は転回場からはみ出してしまうので別の建物に替えて、地面の製作にかかります。

 

p1010615

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

 

続きを読む "支線の駅 2 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

185系と215系のサボ貼り

 今年の抱負で宣言したサボシールの貼り付け。駅伝を見ながら185系に施行しました。

 

p1010605

 

行先表示幕はさくっと貼れたものの、号車札は大変でした。ちなみに2011年発売の新湘南色は号車札印刷済みかと思いきや、禁煙マークでした。

 

p1010607

 

 それはさておき、メガネをかけても、切断ラインがはっきりしない。ルーペを覗きながらデザインナイフを走らせるも、印刷面の枠が残ってしまうことも多々。根気で乗り切った。ボナの号車札のように、欄外に切断ラインを表示するタイプのほうが楽です。

 

 

 続いて215系。

うちの215系はビューやまなしですので、湘南ライナーの幕は入っていません。しかし、185系にはあったので、即流用。

 肉眼では気づきませんでしたが、ちょっとまがってしまいました。

p1010606

 

 完ぺきではないけど、一応貼れました。

 営業列車の外観を獲得すると、見栄えが違います。

 

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

今年の抱負

 明けましておめでとうございます。

 大変な世の中ではありますが、日の出は例年どおり、きらびやかでした。

 個人にできることは、マスク、手洗い、三密を避けることですが、それを励行すれば感染は相当程度に防げることも判ってきました。

 できることをきちんとする一年にしたいと思います。

 

 そこで、鉄道模型でできること

 

1 計画的な新車導入

 これまでは、行き当たりばったりでしたが、予算の範囲内で購入したいものだと。昨年の実績は税抜ベースで約95,000円でした。 

一方購入予定としては、

1月 ベルニナエクスプレスの客車セットとオープン客車 (5,500+9,000+1,700)×0.73=11,826 割引率の高いT店での購入はお約束です。

 鉄道コレクション第30弾 PG16×2+PT4212 (1,400×10+500×3)×0.8=12,400 鉄道コレクションは、走行させる予定がない場合は、パンタだけ交換しています。

2月 鉄道コレクション80系新潟色6両セット PS13×2 (9,600+500×2)×0.8=8,480  Nゲージ化の予定ですが、動力ユニットと車輪は、走行させていない鉄コレからコンバート

3月 サフィール踊り子 C622 (29,500+14,200)×0.73=31,901

4月 なし。3月が高額支出なので一息つきます。

5月 EF64 2次型 クハ151ASSY 7,920×0.73+2,000+1,000+450=9,232 ASSYはホビセンで購入する前提です。

ここまでで、11,826+12,400+8,480+31,901+9,232=73,839

カタログ掲載品として、RhbのGe4/4Ⅲユネスコラッピングとパンタ付荷物車 E257系踊り子色があり、3万円超えは確実ですし、6月以降の新製品は未発表ですので、昨年ベースの予算ではオーバー確実。EF64 2次型はあきらめるか。それでも、足りない分は、余剰品の売却で捻出することになります。

 ということで、新規支出100,000円、売却による支出100,000円の200,000円が予算です。

 

2 仕掛モジュール、展示台の完成

  仕掛品としては、都会モジュール、温泉街セクション

p1010600

 支線の駅運転ボード、それから、C12の終着駅

p1010602

 があります。よくぞこれだけ手を出したものだと・・・・。これをすべて完成させるなどというのは裏付けのない妄想になりますので、まずは、2月中に支線の駅を完成させることとします。

 

3 既存車両の整備

 昨年から始めた昔乗ったあの列車シリーズでは、山陰旅行の思い出の列車を挙げましたが、各列車の動画化が未了です。桜島の10系客車が足りないこと、したがって、サボの貼り付けが済んでいないことが原因で、さんべも同様です。車両セットにサボのシールが入っている製品さえ、未貼り付けの車両ばかりという大失態。

 営業列車ではありえません。1か月に一編成、貼り付けていきたいと思います。さしあたって、3月改正で定期運用を失う185系と215系から実施します。

p1010603

 本年もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »