鉄コレモジュール 路面電車の展示台

 路面電車の展示台を作ることにしました。
 手持ちのストラクチャーを流用して、簡単ながらも街を走っている雰囲気を出したいと思います。
P1090867
 とにかく並べてみました。

続きを読む "鉄コレモジュール 路面電車の展示台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール 9.1 車両基地

 先日、鉄コレ第1弾を撮影したときに引っ張り出してきた鉄コレモジュール。撮影には好都合であることを発見し、新製品入線時の撮影用に車両基地のモジュールを作ることにしました。

P1070751
 基本的に今まで買いためた材料のみを使用します。ベースは、TAMIYAのスチレンボート10mm厚、レールはTOMIXの280mmを4本、鉄コレ電車庫A1です。

続きを読む "鉄コレモジュール 9.1 車両基地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 鉄コレモジュールの収納

鉄コレモジュールの収納は、三段ボックスを使用しておりますが、すでに満杯で何枚かのモジュールがはみ出しておりました。

2個目の三段ボックスは買ってあったのですが、いつしか放置状態となって早2年。

昨日時間が出来たので、三段ボックスを組み立てました。

Dsc01697
2年間放置していた3段ボックス。今回のは最下段が扉つきのタイプです。

Dsc01698
中間の棚は取り付けずに組み立てて、

Dsc01699
ワイヤーネットを取り付けます。

Dsc01700
6mmの穴を開けてタボを取り付け、

Dsc01701
組み立て完了。

Dsc01702
はみ出していたモジュールも収納できました。
まだ余裕がありますので、モジュール作成を再開したいと思います。


メニューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール0.8

Gゲージの建物が片付いて、遊ぶスペースが出来たので、鉄コレモジュールを引っ張り出しました。

エンドレスに待避線が1本あるだけの線路配置ですが、けっこう楽しめます。

鉄コレモジュールは8番目で放置状態ですが、こうやって遊ぶと手をつけようかという気持ちが湧いてきます。

Dsc00032

Dsc00033

Dsc00035

Dsc00036

Dsc00037

Dsc00038


メニューへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール8.4

道路を作ります。
今回は未舗装道路です。
Dsc07640まずは、隣のモジュールの道路の位置を確認。

道路は、クラフトサンドをボンド水溶液で固める方法で作成します。モジュール3で試してみたところ、案外うまくいきましたので、今回は少し詳しくご紹介。
Dsc07641まずばボンドの水溶液を作ります。水1にボンド1、中性洗剤2~3滴です。

Dsc07642道路本体となるクラフトサンドです。これをボンド水溶液の中に直接入れます。

Dsc07643ボンド水溶液とクラフトサンドが混ざって、ソフトクリームくらいの硬さになったら、準備OKです。

Dsc07645道路部分をボンドで白く囲って、クラフトサンドを盛っていきます。

Dsc07646ある程度道路の形になったら、砂利となるバラストを撒きます。

Dsc07647バラストを埋め込みます。あわせてわだちや水溜りも表現します。わだちでも水溜りでもない道路の表面は、なるべく滑らかに仕上げますが、舗装道路のように滑らかではかえっておかしいです。あとで、モーターツールで削りますので、そこそこ凹凸がある程度にならします。

Dsc07649道路の形になりました。こちらもかなり雑ですが、削ったりパウダーを貼り付けたりしますので、こんなもんで十分です。
あとは1日乾燥を待ちます。

現在放置中。メニューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール8.3

農家の地面を塗ります。
土は、いろいろな表情を見せます。
晴天時と雨天時で違うのはもちろん、晴天でも日が当たる場所と日陰では全く違った色調になりますし、踏み固められた場所と人が歩かない場所でも異なってきます。

以前は、土を表現するためにパウダーを撒いていましたが、畑のように土の柔らかい場所ならともかく、庭などの人の通る場所にパウダーを撒くと、非常に柔らかい土のように見えてしまいます。

そんなことで、今回は、ボードに直接色を塗りました。ただし、着色後、部分的にパウダーを撒く場所もでてきます。

Dsc07635まず、全体にフラットアースを塗りました。レッドブラウンでも構わないと思いますが、要は日陰で湿った感じの地面を表現します。

Dsc07637次に、日向ではあるけれども、人があまり通らない場所のつもりで、デザートイエローを塗りました。土は、踏み固められると白っぽくなるようですが、単に日があたって乾燥しただけの場合は、茶色味が残っています。

Dsc07638踏み固められた地面のつもりで、バフを塗りました。
先に塗った塗料が完全に乾かないうちに塗ることにより、フラットアースとデザートイエローとバフの中間色となります。
それから、つやは完全に消します。黒光りしている土間というのは見たことがありますが、戸外で光っている地面というのはちょっと考えられません。

Dsc07639角度を変えてみてみます。
かなり雑な着色です。
でも、少なくとも1mくらい離れて見ることを前提としますので、これでokです。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール8.2

建物の配置を決定しました。

Dsc07631農家は、たいてい南に向かって縁側が設けられ、その前に大きな庭が広がっています。作物を加工したり、鶏を放し飼いにしたりしている庭です。
 庭の敷地と道路の間に畑があり、その間を家への道が設けられている場合もあります。家の向きをバラバラにしてしまうと、それだけで雰囲気がおかしくなってきます。

想定では、ペースの線路の手前からベース下に向かって道路がのび、小さな踏切を渡って2階建ての農家に道が延びている。線路の向こう側は屋敷林という感じです。

Dsc07632

Dsc07633

Dsc07634


続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール8.1

今度のモジュールは農家の集落です。
農家は、何軒かがまとまって集落を作っていることが多いです。
農作業で助け合うには、かたまっていたほうが好都合だからかでしょうか。

農家はもちろんジオラマコレクションのものを使います。
農家Aは、既にモジュール3で使いましたので、BCEを使ってみます。

Dsc07626
Dsc07628
Dsc07627今回は、モジュール2モジュール3の間のモジュールとし、情景のつながりを少し意識してみます。

Dsc07629建物の配置はこんな感じ。
例によってベースを使うとはみ出てしまいます。
できあがったときに、「おぼろ月夜」を連想するようなものになっていたら最高です。


続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール7.4

空き地部分を児童公園にしてみました。
使用したのは、TOMIXのガード下児童公園

自作したら手間がかかりそうな遊具が用意されています。
欲を言えばジャングルジムが欲しいところでした。

Dsc07594

Dsc07598

Dsc07596

Dsc07599

Dsc07600


メニューへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュールの収納

Dsc07557三段ボックスです。近くのホームセンターで980円。安くなりましたね。

Dsc07576ブレた写真ですみません。
100円ショップで買ってきた
     ワイヤーネット 62×19Cm
     ネット取付フック
     3連ワイヤーフック
です。

Dsc07577三段ボックスの内側面にワイヤーネットを取り付けました。

Dsc07578またまたブレていてすみません。
中間の棚板は使わずにボックスを組み立てました。

Dsc07579ワイヤーネットにワイヤーフックを取り付けていきます。
間隔は、ネット3段おきです。

Dsc07581ワイヤーフックにモジュールを載せて収納します。
入れてみるまでは、巾が足りないかと不安でしたが、ご覧のとおりぴったりの寸法におさまってくれました。

1個の三段ボックスで7個のモジュールが収納できました。
一番上は、モジュール5で、他のモジュールの2倍の高さがあります。
もっともビルは取り外せますので、モジュールの上に寝かせてしまえば、他のモジュールと同じくらいの高さになります。

そのほか、モジュール6の丸いビルの広告塔(写真一番下)と、モジュール7の焼却釜は、取り外したり、寝かしたりしています。

残念ながら10個のモジュール全てを収納することはできませんでした。
もう1個、三段ボックスを増やして、縦につなげは、14個のモジュールプラス制御機器が収納できそうです。
アクリル板で前をカバーすれば、ホコリ対策もできそうです。

ひさびさに、かなりうまくいった思いつきでした(笑)。


続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 鉄道模景 | 011 鉄道模型について | 051 運転を楽しむ | 101 車両 N SL | 102 車両 N EL | 103 車両 N DL | 104 車両 N EC | 105 車両 N DC | 106 車両 N PC | 107 車両 N FC | 108 車両 N TEC | 110 車両 HOゲージ | 130 車両 Gゲージ | 140 車両 高崎線1972 | 141 車両 東北本線1972 | 200 レイアウト・モジュール | 202 鉄コレモジュール | 203 鉄コレレイアウト | 204 併用軌道のあるレイアウト | 205 運転ボード | 210 ヒガハス | 211 ローカルモジュール | 212 都会モジュール | 220 リゾートセクション | 221 甍の街セクション | 230 卓上シーナリー | 231 機関区セクション | 250 HO周回線 | 260 N周回線 | 270 庭園鉄道 | 290 展示台 | 300 車両の工作 | 301 カプラー交換 | 310 583系はつかり | 320 165系佐渡 | 321 153系伊豆 | 330 115系MicroAce | 330 115系KATO | 339 クモニ83 | 340 貨車整備 | 350 ストラクチャー | 351 フォルマー | 352 お寺ブロック | 353 工事現場ブロック | 360 旧客 八甲田 | 361 旧客 121レ | 362 14系八甲田 | 363 郵便荷物客車 | 364 旧客2322レ | 370  気動車整備 | 371 キハ58系 いいで・ざおう | 372 急行アルプス | 400 線路・制御機器 | 450 保管・管理 | 500 実車 | 550 風景 | 600 日常のできごと | 605 MUSIC | 610 浅慮空言 | 620 製品の感想 | 621 製品の感想 KATO | 623 製品の感想 トミーテック | 624 製品の感想 マイクロエース | 629 書籍の感想 | 630 車で中山道 | 640 プラモデル | 650 オークション | 999 プログの管理