165系佐渡 サロの塗装

後回しになっていたサロの回送運転台部分にみかん色をまわします。
Dsc05784
Dsc05785ディテールにひっかからないように、マスキングテープを細く切り出してマスキングします。角の部分はマイナスドライバーなどで密着させます。

Dsc05786
Dsc05787ぐるぐる巻きにして、ミイラのようです。

Dsc05788ねずみ色1号を吹いてからみかん色を吹きました。
Dsc05789
Dsc05790明日、グリーン車マークとサボを貼り付けて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

165系佐渡 サボ貼り

165系佐渡は、ひととおり加工も済みました。
そろそろ仕上げの作業として、サボ貼りをします。

まずは、サボの選択。
Dsc05748側面はモリヤスタジオのNo.6072を使います。
方向幕は製品についている「急行」か白幕ですね。

Dsc05749で、モリヤスタジオの製品を良く見ると、黄色地に上野⇔新潟のものと、白地に上野行、新潟行きが別個のものがあります。また、列車名と列車種別のサボもローマ字部分が白抜きになっているものとそうでないものがあります。
はてさて、1972年当時はどうだったか・・・・・・

前にも書いたかもしれませんが、1972年というのは、いよいよSLが終焉を迎えるころで、そのころの雑誌にはSL以外の記事があんまり掲載されていないんですね。それでも、なんとか佐渡の写っている写真を探して見ましたら、上野⇔新潟のサボでした。ローマ字部分は白抜き。
ちなみに、上野と新潟の表示の間に急行佐渡まで書いてあるものもありますが、これは、かなり末期のサボだと思われます。

さて、貼るべきサボが決まったところで、指定席は何号車?
Dsc05750私のバイブルみたいな時刻表。佐渡を調べたら、1~3号車が普通車の自由席、4,5号車はグリーン車の指定席、その他は自由席でした。

ここまで調べるのにかなりの時間を要し、貼りはじめたのは夕食後。
しかも、グリーン車は回送運転台にみかん色を塗っていないことに気づき、またまた後回しに。
結局今日は、1~3,6,7号車に貼り付けておしまいとなりました。

それはさておき、非公式側のサボのモールド位置がちがうのには、いつものことながら悩まされます。
Dsc05751手前のクモハ、モハのサボの位置は向かって右側のドアの横なのに、クハは左のドアの横。こちら側は、クハが正しい。今回はモールドを無視して正しい位置に貼ろうかとも思いましたが、あまりに見映えが悪いので断念。
 それでも、付いていないよりはずっとかっこよくなりました。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

165系佐渡 信号炎管

信号炎管は、手持ちパーツが少なくて後回しにしてました。
入手しましたので6両一度につけてしまいましょう。

ところで、1号車の信号炎管の位置。すこし違うような。

むかしの写真を引っ張り出してきました。

昭和47年ころの大宮駅で、車両製作の資料にしようと撮った写真です。
まさか、35年も経って役にたつとは・・・・

Dsc05728Dsc05727近郊型の115系は運転室側に付くのに対し、急行型では助手席側に付くんですね。
位置としては、デフロスタの貫通路よりの枠の延長線上でしょうか。
写真は169系と455系ですが、455系の方が奥まった位置にあるように見えますね。

上から見るとクーラーのファンの開口部が目立ちますね。
でも、模型でここまで黒く塗ってしまうと、違和感がありすぎるのではないでしょうか。
めったに見ないところは、勝手にイメージが出来上がっていて、実物どおりにしてしまうと、かえって違和感を感じてしまうということもあるかと・・・・DCの排気汚れなんかもこの類ですね。

Dsc05729
違った位置にあけた穴はランナーを引き伸ばして埋め、実車と同じような位置に取り付けました。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モハ164-500 12号車

朝、モハ164-500に着手しようと思ったら、箱型ベンチレータの手持ちがない。

Dsc05683仕方がないので、買ってきました。TOMIXのPB-106。クモハ169用の2つ並んだもの。

Dsc05685工作は、車体の塗装から。前の塗装が薄くてナンバーが透けていました。

Dsc05686
Dsc05687まずは、ねずみ色1号を下塗りした後、みかん色を吹きます。

Dsc05688みかん色が乾燥するのを待つ間に屋根の塗装。
ボール紙にGM35番のダークグレーを吹いて、クモハ165の色調と比べてみます。許せる範囲内です。

Dsc05691
Dsc05692車体の上半分をマスキングして緑2号を吹きます。腰板部と幕板部は同じ緑2号ですが、一度に仕上げようとすると、チェックポイントが増えて失敗のもとです。分けてできる作業は極力分けてしまいます。

Dsc05693
Dsc05694
Dsc05695腰板部を塗ったら、幕板部。そしてパンタ側の妻板を緑2号で塗装します。

Dsc05696
Dsc05697
Dsc05699
Dsc05700回送運転台側の妻板は、手すりや幌枠などの凹凸だらけです。これらの突起をさけてまっすぐに貼れるように、マスキングテープを細くきります。ドア部はみかん色がまわらないので、マスキングテープを除去します。浮き上がっている部分がないか慎重に確認してから緑2号を吹きます。

Dsc05704あとは回送運転台の前照灯とテールライトレンズをとりつけ、朝買ってきた箱型通風器を接着、インレタを貼り付けて完成となりました。

続きはこちら


| | コメント (2) | トラックバック (0)

165系佐渡 11,13号車

昨日に続き、11号車と13号車の軽工作をしました。
Dsc0567813号車となるクモハ165の幌は、紙やすりのうえでこすって薄くしました。佐渡のヘッドマークは両面テープで貼り付け。
行先表示のHゴムは、爪楊枝でねずみ色1号を塗りつけたら、うまくいきました。

ところで、ケースの中からこんなものが・・・・
Dsc05680この165系は、高田馬場にあったショールームで買ったようです。高田馬場時代は、ホビセンでなくショールームだったんですね。
購入したのは昭和56年ですから25年前。郵便番号も23区内の市内局番も3ケタ。
そういや、この検査証、いつの間にか入らなくなりましたね。

明日はいよいよモハ164-500の軽工作です。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

165系佐渡 8~10号車

今週は、なかなか忙しくて、ブログの更新も佐渡の軽工作も出来ずにいましたが、今日は時間が出来ました。

とまっていた佐渡の軽工作。8~10号車のTc-M'-Mcの3両です。
工作内容自体はこれまでの繰り返し。
  運転室窓交換
  ヘッドライトレンズ交換
  カプラーを11-703に交換
  屋上機器の塗装
  補助タイフォンの取付
順調に進みました。

Dsc05663今回の先頭車は、全て中間に入ってしまうのですが、部品の交換は先頭に来るものと同じレベルで行ないました。

Dsc05662165系は、先頭車同士の連結面が魅力でしょうか。

Dsc05664軽工作で一番効果を発揮しているのが屋上機器の色差し。
ヘッドライトの交換などは、気をつけなければわかりませんが、これは一目瞭然。見映えがしてきます。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡のタイフォン

Dsc056171972年ころの佐渡です。急行でもヘッドマークをつけていました。

下手な写真をデジカメで撮りなおした最悪の画質ですが、タイフォンの違いはわかるとおもいます。
向かって右側にクハ76やクハ68と同じようなタイフォンカバーが付いていました。
同じ高崎線を走る急行形でも、新前橋や長野の車両には付いておらず、新潟運転所のみの特殊装備でした。

1975年ころには、こういうタイフォンカバーは見かけなくなったと思います。
シャッターつきタイフォンの先頭車が転属してきたのかもしれません。

Dsc05618タイフォンカバーはタバサのパーツ。品番PN1400 クハ68平妻用 新潟補助タイフォンというパーツです。取り付け足の直径は1mm。
Dsc05619こういう細かいバーツが綺麗に付けられるかどうかは、ドリルのガイドとなる穴を正確にあけられるかどうかにかかっていると思います。逆に言えば、ガイド穴さえきちんとあければ、綺麗に付けられたも同然であるともいえるかもしれません。 ケガキ針を使ってタイフォンの真ん中に穴を開けます。
Dsc05620失敗しても良いように、中間に入るクモハで試みてみます。これではダメですね。このあともう少しライト寄りにあけなおしました。
Dsc05621真ん中に穴が開いたらドリルで所定の直径の穴をあけます。


Dsc05622とりあえずパーツを付けてみます。いい感じです。


Dsc05623
Dsc05626
Dsc05627パーツを塗装します。まずは、ボール紙に両面テープを使って固定します。小さなパーツの塗装や加工は、固定が大事だと思います。固定できたらプライマーを筆塗りし、下塗りとしてねずみ色1号を吹きました。引き続いてみかん色を一吹きと思ったら、ガスが切れていて使えませんでした。仕方なく筆塗りしました。


Dsc05628取り付けてみました。接着は木工ボンドです。新潟の165系が出来ました。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

165系の運転室窓

運転室窓は、Hゴムが塗装されていないパーツを自分で塗って使用していましたが、いまひとつでした。

はみ出すのが怖くて塗り残しがあるし、グレーもHゴムの色よりかなり濃い。

Dsc05580編成の端になるクハはHゴムを塗ったものの、クモハは省略してました。

Dsc05581整備は7号車まで済んで、これからは先頭車のオンパレードです。もう先延ばしにはできないので、調達してまいりました。すっきり仕上げるにはアッシーパーツが一番です。

Dsc05582やっぱりすっきりします。


Dsc05584クハ68用のタイフォンカバーも仕入れてきました。この週末にみかん色に塗って取り付けてみようと思います。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サハ165 7号車

7号車のサハ165です。

Dsc05495モハ153の車体・屋根とサロ165の床板・台車を組み合わせたもの。雰囲気は出ていると思うのですが、細部は結構違います。

Dsc05495a赤丸で囲んだベンチレータはサハ165にはありません。
また、矢印のついたベンチレータは、矢印の先が正しい位置です。


Dsc05494妻面の窓は両側につきます。モハではモーターの冷却風取入口があるので片側になっているようです。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サハシ165 6号車

サロ165の回送運転台の塗装は、後回しにしまして、6号車 サハシ165です。

KATOから製品化されているサハシ165は、サハシ153の形式番号のみサハシ165としたもので、50番台ということになっています。厳密にはサハシ153とサハシ165の50番台ではちょっと違いがあるようです。

Dsc05469
Dsc05466いずれの写真も上がサハシ153、下がサハシ165-0です。同じように見えて結構窓の配置に違いがあります。

このサハシは、サハシ455の客室ドア部のステップをカットしてドアの高さを低くし、湘南色に塗り替えたもの。マイクロ参入前のまだまだ製品化されない形式が山ほどあった時代には、みんなこの程度の改造をしていたものでした。

Dsc05464
Dsc05465今日は、例によって屋上機器をねずみ色1号に塗りました。山側のドア下の塗装がはげています。編成全体の仕上げのときに色差ししてやらねばなりません。

続きはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001 鉄道模景 011 鉄道模型について 051 運転を楽しむ 101 車両 N SL 102 車両 N EL 103 車両 N DL 104 車両 N EC 105 車両 N DC 106 車両 N PC 107 車両 N FC 108 車両 N TEC 110 車両 HOゲージ 130 車両 Gゲージ 140 車両 高崎線1972 141 車両 東北本線1972 200 レイアウト・モジュール 202 鉄コレモジュール 203 鉄コレレイアウト 204 併用軌道のあるレイアウト 205 運転ボード 210 ヒガハス 211 ローカルモジュール 212 都会モジュール 220 リゾートセクション 221 甍の街セクション 222 温泉街セクション 230 卓上シーナリー 231 機関区セクション 250 HO周回線 260 N周回線 270 庭園鉄道 290 展示台 300 車両の工作 301 カプラー交換 310 583系はつかり 320 165系佐渡 321 153系伊豆 330 115系MicroAce 330 115系KATO 339 クモニ83 340 貨車整備 350 ストラクチャー 351 フォルマー 352 お寺ブロック 353 工事現場ブロック 360 旧客 八甲田 361 旧客 121レ 362 14系八甲田 363 郵便荷物客車 364 旧客2322レ 370  気動車整備 371 キハ58系 いいで・ざおう 372 急行アルプス 400 線路・制御機器 450 保管・管理 500 実車 550 風景 600 日常のできごと 605 MUSIC 610 浅慮空言 620 製品の感想 621 製品の感想 KATO 623 製品の感想 トミーテック 624 製品の感想 マイクロエース 629 書籍の感想 630 車で中山道 640 プラモデル 650 オークション 999 プログの管理