貨車整備39 童謡 かもつれっしゃのうた

 かもつれっしゃのうた

YOUTUBEにも曲がアップされています。しかしながら、バックの動画は現代のコンテナ列車が中心で、歌詞にそぐいません。

 

 歌詞には、牛,馬、石炭、大型バスが積み荷として登場し、車掌さんがいつも一番後からというフレーズで締めくくられます。

 生きた牛馬の輸送は1960年代後半には終了しています。

 牛は、小学生だったころに、東北線を運ばれていくのを見たことがありましたが、それが最初で最後でした。馬の輸送は見たことがありません。

 歌詞に出てくる石炭は、無蓋車に積まれてSLが配置された機関区に運ばれるものだと思われます。石炭車は炭鉱から港までの専用列車に使用されておりましたので。

 大型バスは、国鉄バスの広域運用の際に輸送されたそうで、夏期に、宮崎や鹿児島ナンバーの国鉄バスが、遠路東北に出張して使用されたようです。その回送がうたわれているのが積み荷の大型バスらしい。

 車掌さんが一番後に乗っている車掌車は1985年に使用されなくなりました。

 というわけで、昔の8ミリ映画の映像でもない限り、動画を歌詞にマッチさせるのは無理です。

 

  そこで、歌詞にマッチする貨車を用意してみました。時代設定としては1965年ころ。家畜輸送が終焉を迎える少し前です。

 

 牛さんの載る家畜車は、 TOMIX2736 国鉄貨車カ3000形。

 これにジオコレの牛を載せました。

P1010373b

 牛は枕木方向に15~20頭載せていたそうですが、ジオコレの牛はオーバースケールですのでそんなに載りませんし、胴体を詰めてあげないと枕木方向には載せられません。

 また、「カ」の側面に表現されている鉄棒が太すぎて、牛を載せても見えなくなってしまうので、カットして見通しを良くしています。

 

 馬さんの載る有蓋車は、KATO8029 ワム90000。

 これに同じくジオコレの馬を載せました。

P1010375b

 馬は外が見えると暴れるので、有蓋車に載せるのだそうです。ただし、扉は全開で柵を設けます。

 家畜車と違って馬は線路方向に3頭ずつ計6頭が基本だそうです。

 また、馬の世話係が添乗します。

 2両セットのうち1両は扉をくりぬき、もう1両はニッパーで車体を切り刻んで扉だけにして、二個一で扉全開のワムにしました。

 柵はエバーグリーンのプラ板材です。

 

 石炭を載せた無蓋車は、TOMY HN10 トラ55000形無がい車、カワイ KP-213 トラ45000、カワイ KP104B トラ55000。

これに、それぞれジオコレの石炭を積んでボンド水溶液で固めました。

P1010376b

 セキにはプラモールドの積み荷の石炭が付いてましたが、手作業で固めた方がいろいろな形になってリアルです。

 

 大型バスを載せた長物車は、TOMIX2739国鉄貨車 チキ7000形。

 これにバスコレ第2弾の国鉄バスを載せました。

P1010377b

 バスの天井が車両限界を超えるのではないかと思われますが、オロネ10と並べるとバスのベンチレータ分だけオロネよりも高いくらいですので、タイヤから空気を減らして車高をさげれば限界内に入ると思います。

 チキ7000は1975年から製造された形式で時代設定に合わないので、1943年から製造されたチキ3000に改造しました。台車はTR20ですが、雰囲気の似ている鉄コレキハ04のTR26を履かせ、車体中央に側ブレーキパーツを取り付けました。

 チキ3000は7000よりも車長が1mくらい短いようですが、雰囲気重視で目をつむりました。

 転動防止の角材を設置してその間にバスのタイヤを固定しました。

 

 車掌さんには、TOMIX2730 ワフ35000形車掌室付有蓋車に乗ってもらっています。聞きなれない「車掌室付有蓋車」は商品名ですが、要するに有蓋緩急車です。

 ジオコレ働く人の運転士のポーズを変えて列車掛になってもらい、窓から列車前方を監視してもらっています。

P1010378b

 ワフ35000を選んだのは、窓ガラスの省略された製品だったからで、列車掛が顔を出しているところは窓を開けた状態にし、他の窓には透明プラバンをはりました。また、ブレーキハンドルを紛失していたので、KATOのワフ29500のハンドルを取り付けてあります。

 動画も撮ったのですが、オートフォーカスではピントが合わず、何とか見られる動画もマイクロソフトのログインIDパスワードが判らずにアップロードできません。

 YOUTUBEがGOOBLE傘下に入る前は問題なくアップロードできたのに、サイトの都合で昔作った、もう忘れてしまったIDを強要されて閉口しています。

 一番困っているのがセブンアプリ。

 

 

 牛馬の載せ方はこちらのサイトの貨車の絵その10を、大型バス輸送はこちらのサイトを参考にしました。

 

 

| | コメント (0)

ワ12000 2

 昨日出来なかった色褪化を行います。
P1080208
 車輪だけ外して準備完了


続きを読む "ワ12000 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EF62に牽かせる列車 タンク車

 EF62は貨物も牽きますが、碓氷峠を通過する貨物列車の牽引定数は400トン。あまり長い編成にはできません。換算両数5程度のタンク車であれば8両が限界です。
P1080133
 実際に見たことはありませんが、横川と軽井沢で列車を分割併合して牽引定数内におさめていたとか。


続きを読む "EF62に牽かせる列車 タンク車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 38 トキに丸太を積む

P1060122_2
 今更ですが、先日発売されたトキ25000積荷付。積荷といってもカバーが付属するだけですが、空荷よりははるかにましです。

 ところで、同時期に発売されたD51北海道形が牽く貨物列車には、北海道らしく、丸太を積んだトキ、チキが良く見られました。

P1060123 当鉄道のトキには空荷のものがたくさんありますので、トキ15000と25000の各1両に丸太を積んでみることにしました。

P1060128
 丸太は、以前トラに積んだことがありました

 今回は、ワンサイズ大きい丸太を載せることにします。


続きを読む "貨車整備 38 トキに丸太を積む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 37 セキの整備

 D51北海道形の発売が間近となりましたので、セキを整備します。
P1050864

続きを読む "貨車整備 37 セキの整備"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 36 TOMIXの2軸貨車のKATOカプラー化

KATOにはない製品を増備しました。
P1050600
 ワム90000の扉リブなしとボム1です。

 ボムは、「名」の表示が特徴。名古屋鉄道管理局内の常備駅が指定された貨車です。瀬戸物輸送車ということですね。

P1050601
 KATO、KAWAI製と並べてみました。KATOは同寸のようですが、KAWAI製は目に見えて背が低いですね。

ヨ6000の場合は、ナックルカプラー化しましたが、ワムの場合はKATOカプラーで十分です。

続きを読む "貨車整備 36 TOMIXの2軸貨車のKATOカプラー化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 35 コンテナの退色表現

P1050587
 40年物のコキ10000系。コンテナを退色させてみました。


続きを読む "貨車整備 35 コンテナの退色表現"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 34 セメント貨車のウエザリング

 久々に貨車にウエザリングを施します。今回はセメント専用貨車。
P1050576
 タキ1900,12200,ホキ5700を白くしてしまいます。

続きを読む "貨車整備 34 セメント貨車のウエザリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 33 各社のセキの連結間隔を6mmにする。

P1040386
 スユニ60は、一旦分解しペーパーをかけて平滑にしました。歪みがでたので、じっくり直してから組みなおすことにします。

 ところで、伯備線貨物列車セットのD51集煙装置を見て、D51は大展開となるに違いない、北海道型D51の発売も近いに違いない、などと勝手に妄想しておりまして、妄想は膨らみセキ列車の整備を急げとの強迫観念に支配されています。


続きを読む "貨車整備 33 各社のセキの連結間隔を6mmにする。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貨車整備 32 タキ1000の連結間隔も6mmにする

P1030028
 コキのカプラ交換がうまくいきまして、気をよくいたしました。

P1030029
 気分ののっているうちにいろいろやってみようということで、今度はこちら。KATOのタキ1000です。

P1030030
 広い連結間隔。KATOカプラ装備なんですが、広いですね。

P1030031
 整備の終わったコキと比べてみる。

P1030032
 上から見ても、その差は歴然。


 これをコキと同じ方法で調整してみます。

続きを読む "貨車整備 32 タキ1000の連結間隔も6mmにする"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 鉄道模景 011 鉄道模型について 051 運転を楽しむ 101 車両 N SL 102 車両 N EL 103 車両 N DL 104 車両 N EC 105 車両 N DC 106 車両 N PC 107 車両 N FC 108 車両 N TEC 110 車両 HOゲージ 130 車両 Gゲージ 140 車両 高崎線1972 141 車両 東北本線1972 200 レイアウト・モジュール 202 鉄コレモジュール 203 鉄コレレイアウト 204 併用軌道のあるレイアウト 205 運転ボード 210 ヒガハス 211 ローカルモジュール 212 都会モジュール 220 リゾートセクション 221 甍の街セクション 222 温泉街セクション 230 卓上シーナリー 231 機関区セクション 250 HO周回線 260 N周回線 270 庭園鉄道 290 展示台 300 車両の工作 301 カプラー交換 310 583系はつかり 320 165系佐渡 321 153系伊豆 330 115系MicroAce 330 115系KATO 339 クモニ83 340 貨車整備 350 ストラクチャー 351 フォルマー 352 お寺ブロック 353 工事現場ブロック 360 旧客 八甲田 361 旧客 121レ 362 14系八甲田 363 郵便荷物客車 364 旧客2322レ 370  気動車整備 371 キハ58系 いいで・ざおう 372 急行アルプス 400 線路・制御機器 450 保管・管理 500 実車 550 風景 600 日常のできごと 605 MUSIC 610 浅慮空言 620 製品の感想 621 製品の感想 KATO 623 製品の感想 トミーテック 624 製品の感想 マイクロエース 629 書籍の感想 630 車で中山道 640 プラモデル 650 オークション 999 プログの管理