新潟色 70系 6

国鉄70系新潟色6両セット、Nゲージ化しました。

 

 

p1010778

 Nゲージ化にあたり、奇数向きの台車にはスベーサーSを組み込み、連結面間を調整します。

 

p1010780

 スベーサーSを組み込まないと、見た目は良いのですが、カーブで車体が接触するおそれがあります。

 

p1010781

 当鉄道には動力ユニットを組み込んだモハ70が2両いるので、車輪を交換し、ウエイトを積み、パンタを取り替えただけで済ましました。既存のモハと差し替えれば走ります。旧国の気楽なところです。

 しかし、動力ユニットを組み込んだモハ70はいずれも70097でした。どうせなら、70025と70097それぞれに動力ユニットを入れたいということで、コンバートしました。さらに、よくよく見れば、70097は、GM製の70系の動力車となっていてKATOカプラー装備でした。

 急きょGM編成をアーノルトに交換して互換性をもたせました。

 

p1010782

 ところで、こちらは身延線セットと福塩線セットのクハ68。身延線のものはもとクロハ59、福塩線のものは元祖クハ68ですが、いずれも同型が長岡に配属されていたのでした。

こちらにクロハ59から改造されたクハ68005の写真が、

こちらには、クハ68028、クハ68044、クハ68050(いずれも前面窓の改造が必要。)の写真が

それぞれ掲載されています。こうなったら、新潟色に塗り替えるしかありません。また、楽しみがひとつ増えました。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

新潟色 70系 5

国鉄70系新潟色6両セット、入線しました。

 

 

p1010767

 クハ75017-モハ70126-サハ75009-モハ70013-モハ70011-クハ76304の6両。

 

p1010762

 早速並べてみました。クハ76304にはタイフォンカバーがモールドされていて、この製品のために型を起こしていることがわかります。モハは従来の製品の番号違い。前回製品は、70025と70097でした。

 

p1010763

 サハは、流電湘南色セットのものを新潟色にしたもので、車体には変更ありません。台車は、本来はころ軸受のTR45なのですが、湘南色の75007がなぜか平軸受のTR25を履いています。新潟色ではTR45になっていました。

 

p1010764

クハ75は、新津工場製の017。前回の75006は偶数向き(高崎方)でしたが、今回は奇数向き(新潟方)です。サロ時代のキャンバス押えが残る前面の様子は多少違和感を覚えます。

 

p1010766

また、台車はTR48で、前回製品の007の履いていたTR45と作り分けられています。

よく見れば、細かいところに配慮された製品でした。

おって、Nゲージ化いたします。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

新潟色 70系 4

新潟色70系の話、入線まで引っ張ります。

 

70系が上越筋を走っていたころ、他にはどんな列車が走っていたか。

 

p1010757

上越線といえば、特急「とき」です。181系と183系1000番台。

 

p1010759

181系は、食堂車を含む10両編成で運用されました。こだま型で食堂車を連結した編成はまさに特急列車。特急の風格十分でした。とはいえ、もともとは暖地向きに設計された車両だけに、1974年の豪雪では軒並みダウンしてしまいました。予定では上越新幹線開業まで181系でつなぐはずだったのですが、急遽183系1000番台が登場し、181系を置き換えていきました。これを機に2両増結されて12両編成となり、さらには183系に編成をあわせて食堂車がはずされてしまいました。

 

 

p1010760

183系とき。耐雪耐寒構造で設計された183系1000番台は豪雪をものともせずに疾走しました。電気釜スタイルをこだま型と比較するのは酷ですが、食堂車まで外されてしまったのは残念。当時の感覚からすれば、食堂車の無い特急は・・・・という感想を持ちました。

 

p1010761

新潟色70系は1976年ころ115系1000番台と交替しました。絵入りヘッドマークは78年10月改正で採用されましたので、実際にはこの光景はありません。文字のヘッドマークがほしいところです。

 上越筋では、このほか165系佐渡、ゆけむり、EF58,15,16の各機関車、115系普通電車がスタンダードで、キハ81系いなほ、向日町の485系はくたが花を添えていました。

 

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

新潟色 70系 3

 新潟色70系の話の続きです。昨日、鉄コレのストックを確認してみました。

 

 流電の湘南色を発掘しに行ったのですが、

 

p1010751<br><br><br>

 流電のほかに、

 

p1010753

 中央西線と阪和快速の70系、それに新潟色のモハとクハ75が寝ていました・・・

 

 

p1010754

 そして、タヴァサのクハ77のエッチングキット。

 クハ75の側板の高さとエッチングキットの高さはほぼ一致。クハ77をこしらえて、鉄コレ70系を塗り替えれば、両毛線の70系

 であれば、種車確保。今回の70系購入決定です。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

新潟色 70系 2

引き続き、70系のお話です。

TOMYTECの新潟色70系4両セットは、2009年末の発売。同時に中央東線の70系も発売になりました。

各車の紹介は、発売時のこちらの記事をどうぞ。

今一度、各車を並べてみてみますと、

 

p1010744

クハ76とクハ75。

クハ76は、若番更新車。300番台のように前面窓の天地が狭くなっています。

今回のクハは300番台とアナウンスされています。中央西線セットで製品化されていますが、新潟局タイフォンが付くのであれば新規金型となります。また、今回の福塩線も300番台ですが、こちらは、前面の手すりがつながつた関西仕様。阪和快速色として製品化されたものを塗り替えるものと思われます。ノーシルノーヘッダーの近代的な車体です。ただし、実車の300番台新潟色はクハ76304の1両のみでした。

 

クハ75は、5両しか改造されなかった先頭車。もとは70系の1等車のサロ75。今回はキャンバス押えが前面に露出したタイプを製品化するそうです。

 

p1010745

モハ70 2種

原型の客用扉にDT17をはいた初期タイプとHゴム支持窓の扉にDT20をはいた後期タイプを作り分けています。

今回は原型扉車が2両、Hゴム扉車が1両となるそうです。

 

そして、今回の目玉となるのがサハ75。サハ75自体は流電湘南色で製品化されていますので、塗り替え製品ではありますが、6連には是非組み込みたい車両です。

 

ということで、今回本当に欲しいのはサハ75なのですが、量販店でも税込8000円超ですからね。偶数向きもクハ76ではないですし。悩みます。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

新潟色 70系

鉄道コレクション70系新潟色が26日に発売となるそうです。

計画的な新車導入を今年の抱負とし、新潟色は入線予定だったのですが、今になって揺らいでおります。

当鉄道には、グリーンマックスキット6連、マイクロ6連&4連、鉄コレ4連×2と少なからぬ新潟色が入線しておりますが、

決定版と呼べる編成がありません。

 

 

p1010740

グリーンマックスの6連は、偶数向き先頭車クハ68、サハ87、奇数向き先頭車は鉄コレクハ76更新車に差し替え

マイクロ6連は、偶数向き先頭車クハ76、サハ75、偶数向き先頭車は前面窓木枠のクハ76

同4連は、偶数向き先頭車 砲弾型ライトのクハ68、奇数向き先頭車クハ76

鉄コレの前回製品は、偶数向きクハ75、奇数向き先頭車クハ76更新車

 

p1010741

今回の鉄コレは、クハ75、サハ75とクハ76300台を含む6連

ごく当たり前の、両端クハ76Hゴムの編成がない。これが発売になるのであればもちろん入線なのですが・・・。

 

p1010742

 

p1010743

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

ノスタルジック鉄道コレクション

 鉄道コレクションから新シリーズがでるのだそうです。

 もともと鉄道コレクションは、1960~90年代の私鉄車両、製品化されないような車両を対象にしていたのですが、いつの間にか国鉄、JRや大手私鉄の一般的な車両がラインナップされるようになっていました。

 そこで、もともとのコンセプトに回帰するのだそうです。

 2軸車両でまとめた第1回はありがたいのですが、

 

p1000600

 10両中7両がフリーランスというのは、いかがなものでしょう。

 2段リンク化されずに廃車となった2軸貨車とか、ワフ21000あたりの方がありがたい気がします。

 鉄コレとはいえ1両1300円ですので、相当細密な製品になるのだと思います。

 第2弾以降が楽しみです。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 ケースに収納

 整備の完了した鉄コレをケースに収容します。

 

p1010667

 第1弾から15弾までは専用のケースを購入しておりました。

 

p1010668

 第1弾では、全車両が美しく収納できて満足していましたが、やがてリリースされる車両が大型化して一部が収納できなかったり、

 

p1010669

 おまけの未塗装の車両をもてあますようになり、第16弾からは、

 

p1010670

 TOMIXの汎用ケースに第16弾と印刷した紙片をはさんだり、

 

p1010671

 あまったマイクロのケースに、鉄コレの箱を貼り付けたりしていました。

 

p1010672

 第20弾からしばらくは、鉄コレの箱をスキャンして、TOMIXのスリーブの大きさにレイアウトしていましたが、手間が半端でなくここしばらくさぼっており、第29弾に至っては、1年以上も買ってきたままになっておりました。数か月前に簡易のケースとして、

 

p1010673

 100均のケースにタムタムのフォームを使えば車両ケースとして使えることを知り、

 

p1010674

 第29弾と第30弾は、100均ケースに収納してみました。中身が一目瞭然ですし、正規のケースよりも若干ですが薄いので、収納スペースにもやさしいです。

 私は、保管用のケースと運搬用のケースは別形態でよいと思っておりまして、セット商品が収納されているケースは当然運搬の衝撃から車両を守る運搬用ケースで、そのまま貸レイアウトに運んでいくことはできるものの、容積あたりの収容力は制限を受けます。家で保管するためであれば、極論としてはパッキンはなくてもOKで、中身が見えれば車両を探すのも楽というものです。家では保管用ケースに簡易に収納して、どこかに運ぶときは安全な運搬用ケースに移し替えて持っていけばよいと思うのです。

 もっとも自分で枠を作るのは面倒なので、パッキンは使ってますが…

 100均のケースばかりになると、どのケースに何が入っているかわからなくなるので、

 

p1010675

 箱の一部を切り取って、入れておくのも手かもしれません。

 ただひとつ心配なのが、100均のケースに入れておいて、塗装が侵されないかどうか。

 1980年代のTOMIX製品をKATOのブックケースに入れておいたら、塗料が溶けてケースのビニールにひっついてしまう被害にあったことがありました。

 

 安定している素材に見えるので心配はいらないと思うのですが、プラスティックに明るい方で何かご存知の方がおられましたら、ご教示ください。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 入線整備

 入線整備を行いました。

 今回は、Nケージ化の予定がなかったので、アンテナ類の取り付けと電車のパンタ交換だけです。

 画像は、名鉄7700系ですが、他の系列も同じです。

 

p1010651

 例によって、別パーツの台車枠の袋の中にとアンテナが入っています。

 

p1010652

 車両から床板を取り外して天井裏を見ますと、穴をあける位置のガイドが成形してありますので、ここにドリルの刃をあてれば失敗がありません。

 

p1010653

 アンテナの取り付け部の直径は1mmです。1MMのドリルをピンバイスにセットし穴あけ完了。

 

p1010654

 穴をあけてバリを取り除き、ピンセットに加えて圧入しますが、すこしきつめなので飛ばしてしまわないように注意。名鉄7700系、近鉄18200系、伊豆急100系に同じ要領でアンテナを取り付けました。近鉄のモだけ取り付け位置が車体中央なので、注意です。

 また、形の悪いパンタグラフは撤去して、名鉄にはPT4212(品番250)を、近鉄と伊豆急にはPG16(品番238)を取り付けます。PT4212は、足の太さと取付穴の大きさがマッチしていて、差し込むだけで充分ですが、PG16は、これが不十分で、パンタを上げようとすると、パンタ自体が抜けそうになってしまいます。軽く接着すれば安心でしょう。

 

p1010655

 会津鉄道8500系は、アンテナのほかに信号炎管も取り付けますが、取り付け方は同じです。そのほかにヘッドマークのシールが入っていました。小さいシールを丸く切り抜くのは難しいですが、コスメ用のはさみを使うと比較的上手にカットできます。100均で売っています。

 

p1010656

  入線整備完了。小田急キハと伊豆急サハには、取り付けパーツはありません。

 

p1010659

  ところで、当初Nゲージ化の予定はなかったのですが、ヘッドマークの付いた会津鉄道を見ていて、走らせたくなってきました。

 

p1010660

  鉄コレ第15弾の関東鉄道キハ。動力化しましたが、全く動かしていませんので、会津鉄道にコンバートすることにしました。ちなみに、このキハの前身は小田急5000形です。

 

 

p1010661

  まずは、関東鉄道キハをトレーラー化します。ジャンクボックスから動力化前の床板をサルベージ。

 

 

p1010662

 床下機器をもとに戻し、動力ユニットの台車枠を外します。もう使うことはないと思いますが、一応袋に入れて台車枠のジャンクボックスへ。

 

p1010664

 保管予定だった台車枠。床板の裏の番号を台車枠の袋に書いておくと、探すときに楽です。

 

p1010665

 台車枠を取り付け、床下機器を移設しました。動力ユニット前後のスベーサーは、キハ751のときにつけていたMサイズでOKでした。

 

p1010666

 動力ユニットのコンバートが完了しました。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

鉄コレ30弾 近畿日本鉄道18200系

 近鉄も、よく知りません。

 パッケージの説明によると、車両限界が狭かった京都・橿原線から伊勢志摩方面への直通特急用として登場。他の特急車両より車体幅が狭く、車体長も短いのが特徴、だそうです。/p>

 東の東武、西の近鉄といわれる大私鉄ですが、当鉄道にはKATOのビスタカーと鉄コレの通勤車両しか在籍していません。大私鉄だけに手を出したらはまりすぎて怖いというのもあります。

 

p1010647

 モ18200+ク18300 制御車にもパンタが載っているんですね。

 

p1010648

 モ18200前面。この系列もライトにレンズが入っています。こちらも引っ込みすぎで、修正が必要です。

 

p1010649

 モ18200側面

 

p1010650

 ク18300

 

 うわっつらだけの紹介になってしまいました。5系列10両が一斉に入線したうえ、KATOは新製品を発表するし、今日の午後にはベルニナエクスプレスが入線することになっておりまして・・・という言い訳です。おって、整備の様子なども追加できるかと思います。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道模型

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 鉄道模景 002 昔乗ったあの列車 011 鉄道模型について 051 運転を楽しむ 101 車両 N SL 102 車両 N EL 103 車両 N DL 104 車両 N EC 105 車両 N DC 106 車両 N PC 107 車両 N FC 108 車両 N TEC 110 車両 HOゲージ 130 車両 Gゲージ 140 車両 高崎線1972 141 車両 東北本線1972 191 車両 レーティシュ鉄道 200 レイアウト・モジュール 210 HO周回線 220 N周回線 231 鉄コレモジュール 232 鉄コレレイアウト 233 併用軌道のあるレイアウト 234 運転ボード 241 ヒガハス 242 ローカルモジュール 243 都会モジュール 244 支線の駅モジュール 245 機関区モジュール 246 卓上シーナリー 290 庭園鉄道 300 車両の工作 301 カプラー交換 321 EF56後期型 3411 583系はつかり 3412 183系とき 3421 165系佐渡 3422 153系伊豆 3431 115系MicroAce 3432 115系KATO 349 クモニ83 3511 旧客 八甲田 3512 14系八甲田 3531 旧客 121レ 3532 旧客2322レ 359 郵便荷物客車 360  気動車整備 361 キハ58系 いいで・ざおう 362 急行アルプス 370 貨車整備 400 ストラクチャー 401 フォルマー 402 お寺ブロック 403 工事現場ブロック 451 リゾートセクション 452 甍の街セクション 453 温泉街セクション 490 展示台 500 線路・制御機器 550 保管・管理 600 実車 650 風景 700 日常のできごと 705 MUSIC 710 浅慮空言 720 製品の感想 721 製品の感想 KATO 722 製品の感想 トミーテック 724 製品の感想 マイクロエース 729 書籍の感想 730 車で中山道 740 プラモデル 750 オークション 999 プログの管理