レールのメンテナンス

P1070521
 TOMIXのクリーニングカーは、クリーニング液で線路を拭く機能を持ち、レールを傷つけないメンテナンスととして重宝しています。

 しかし、湿式クリーニングにも限界があるようです。


続きを読む "レールのメンテナンス"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

脱線撲滅 2

 脱線の原因である段差をとりのぞきます。

P1000899
 N周回線の例でみますと、〇を付けた二か所で障害となることが多いようです。

続きを読む "脱線撲滅 2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

脱線撲滅 1

 さつそく、今月の目標である脱線撲滅にかかります。

 N周回線は、ほとんど直線で勾配もありませんのであまり脱線することはありませんが、ヤードの入り口では、ときどき脱線が起きます。

 分岐側に進行するときに脱線したり、直進してしまったりします。

 そもそも、なんで脱線するのか。

続きを読む "脱線撲滅 1"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トレーラーの車輪清浄

 前回の簡易動輪洗浄機の効果はなかなかで、真鍮線をあてた動輪にクリーナーを染み込ませた綿棒を押し付けますと、すぐに回転があがります。
 さて、動輪の洗浄が簡単確実になりますと、今度はトレーラーをなんとかしたくなります。

Dsc03483
 TOMIXのマルチ車輪クリーニングレールです。

 マルチ車輪クリーニングレールは、これまでN周回線の舞黒群線3番の入口に設置しておりました。

 このレールは、クリーニング効果は認められるものの、完全に汚れをふき取らないまま走行を続けるので、かえって周囲の線路が汚れてしまうという難点があることがわかりました。しかも、クリーニング部分は脱線しやすくて運転上の問題もありますし、クリーナーを使用しているときの騒音は相当のものです。このため最近はクリーニング機能を使用停止としておりました。

 

続きを読む "トレーラーの車輪清浄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール活用計画4

 自動運転ユニットのテストをしてみました。

 Dsc03169
 まずは、電動ポイントを2ケ仕入れてきました。R140のミニカーブレールシリーズです。

Dsc03171
 ポイントを2つつなげて、3本の側線を作り、それぞれにセンサーレールを組み込みます。
 テストなのでコードを整理していません。お見苦しい画像で恐縮です。
 なお、センサーレールは、側線の真ん中付近に設置するのが良いようです。というのは、トレーラー車でも金属車輪を付けていれば、センサーに反応しますので、側線の入口にセンサーレールがあると編成全体が側線に入る前に停車してしまう場合があります。

続きを読む "鉄コレモジュール活用計画4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄コレモジュール活用計画3

 鉄コレモジュールは、隠しヤードと駅の間を自動運転しようと思います。

Dsc03164_10
 そのための機器は、TCS自動運転ユニットです。

Dsc03165
 自動運転ユニットのほかに、センサーまたはセンサー付レールが必要です。

 なお、このほかにパワーパックが必要ですが、パワーユニットNが推奨されています。
 TCSパワーユニットN-DU201-CL,TCSパワーユニットN-DU202-CL,TCSパワー&サウンドユニットN-S2-CLなど、高品位の機器は速度の設定が複雑になってしまい、お勧めできないそうです。

続きを読む "鉄コレモジュール活用計画3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAB CONTROL-77

Dsc08926
Dsc08927


これが何だか判る方は、相当のベテランモデラーです。

キャブコントロール77という製品で、アメリカ製。

1977年ころ日本でも出回りました。30年前ですね。

当時のNゲージの車両は、ラピッドスタートが当たり前で、

レオスタット(スロットル)をひねってもピクリとも動かず、

線路のそばをたたいてやると、脱兎のごとく駆け出すものばかりでした。

ところがこのコントローラーを使うと、本当にスローが効いて、びっくりしたものでした。

DC12~18Vを入力すると、パルス電流が発生するようになっていて、瞬時のオンオフによりスローか゛効いているように見えたのだったと思います。。

また、つまみを回すのでなく、レバーをひねると、

コントローラーが電圧・電流を調整する仕組みも、当時は非常に目新しいものでした。


私も30年前に購入してしばらく楽しませてもらいましたが、

あるときDCとまちがえてACを接続してしまい、一発でおしゃかに。

新しいものを探したのですが、すでに市場からは姿を消していました。


この前の土曜日、ご主人の亡くなられたお店の整理のお手伝いに行ったら、これが出てきました。

なんとも懐かしいこと。

もう売り物にはならないので、頂戴してきました。


まだ、電源に接続はしていませんが、動くかなあ。

これから、ちょっと試してみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動運転ユニット2

デジカメの動画機能ですが、自動運転の様子を撮影してみました。

DSC02032DSC02030ミニカーブレールのエンドレスにワンタッチセンサーを設置しています。
感度は、レール付のものよりは劣るのかもしれませんが、新品おろしたての現状では、結構良いようです。

 
 

「MOV02029.MPG」をダウンロード(約1MB)

自動運転のバターンは、エンドレス駅停車モード。
エンドレスを一周して、任意の時間、駅に停車させることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動運転ユニット

TOMIXから発売されたTCS自動運転ユニットN
気軽に自動運転ができます。
グラスを傾けながら、列車が走るところを眺める、そんな使い方には最適だと思います。

まず用意するもの
TOMIXのパワーユニット、N-1000-CL、N-500またはN-1
  TOMIX製でもN-S2-CLやN-DU202-CLは使用に適さないようです。

当然ながら、自動運転ユニット

TCSセンサーレールS70(F)の2本セット(品番5559)を2箱
  自動運転のパターンはいろいろありますが、センサーレールが4本必要なパターンが多いです。
  最初から、4本買ったほうが、いろいろ楽しめます。
  また、センサーは4つまでしか設置できません。
  なお、TCSワンタッチセンサー(品番5558)も使用できますが、TOMIXはセンサーレールを推奨してます。
  ワンタッチセンサーは感度が落ちるらしいです。

DSC02001今日のところは、単線上の往復運転を試してみただけです。
運転しているところもお見せしたいところですが、動画でないとその面白さは伝わらないでしょう。
というわけで、画像が少なくてすみません。

 

感想としては、
まず、コードの処理が大変。
単線往復運転だけでも、多くのコードが這い回ります。
また、すでに線路を固定されてしまった場合には、ワンタッチセンサーを使うしかないとともに、そのコードが台枠の下側に隠れるよう穴あけが必要でしょう。

しかし、自動運転は面白そう。
単線往復運転でも、走行距離を長くし、モジュールでもはさめば、十分楽しめそうですよ。
とにかく、制御機器に触らなくても、ある程度複雑な運転をしてくれるというのがよい。

列車が走るのをぼんやり眺めていると癒されるという方には、ぴったりのアイテムだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001 鉄道模景 011 鉄道模型について 051 運転を楽しむ 101 車両 N SL 102 車両 N EL 103 車両 N DL 104 車両 N EC 105 車両 N DC 106 車両 N PC 107 車両 N FC 108 車両 N TEC 110 車両 HOゲージ 130 車両 Gゲージ 140 車両 高崎線1972 141 車両 東北本線1972 200 レイアウト・モジュール 202 鉄コレモジュール 203 鉄コレレイアウト 204 併用軌道のあるレイアウト 205 運転ボード 210 ヒガハス 211 ローカルモジュール 212 都会モジュール 220 リゾートセクション 221 甍の街セクション 222 温泉街セクション 230 卓上シーナリー 231 機関区セクション 250 HO周回線 260 N周回線 270 庭園鉄道 290 展示台 300 車両の工作 301 カプラー交換 310 583系はつかり 320 165系佐渡 321 153系伊豆 330 115系MicroAce 330 115系KATO 339 クモニ83 340 貨車整備 350 ストラクチャー 351 フォルマー 352 お寺ブロック 353 工事現場ブロック 360 旧客 八甲田 361 旧客 121レ 362 14系八甲田 363 郵便荷物客車 364 旧客2322レ 370  気動車整備 371 キハ58系 いいで・ざおう 372 急行アルプス 400 線路・制御機器 450 保管・管理 500 実車 550 風景 600 日常のできごと 605 MUSIC 610 浅慮空言 620 製品の感想 621 製品の感想 KATO 623 製品の感想 トミーテック 624 製品の感想 マイクロエース 629 書籍の感想 630 車で中山道 640 プラモデル 650 オークション 999 プログの管理